アゼルバイジャン共和国Republic of Azerbaijan

アゼルバイジャン共和国
  • 首都名 バクー
  • 宗教 主としてイスラム教シーア派
  • 人口 9,500,000人(2014年:国連人口基金)
  • 在留邦人数 35人(2015年4月現在)
  • 通貨と為替レート マナト、
    1ドル=0.82マナト(2015年2月現在:CIS統計委員会)
  • 言語 公用語はアゼルバイジャン語
  • パンを主食としています。濃厚な羊肉とひよこ豆のスープ、ピティ。米と肉団子、ヨーグルト、ホウレンソウのスープ、ドゥーヴァ。肉団子と卵を煮込んだスープ、クフタ・タブリズィや羊肉、松の実、野菜、ドライフルーツを炊き込んだプロフ(ピラフのようなもの)、肉をグリルしたカバブがポピュラーです。
    イスラム教徒の多い国ですがアルコールが広く飲まれています。隣国グルジアとともにワインの発祥地の一つとも言われています。
  • 豆知識 カスピ海の西岸に位置し、北はロシア、南はイラン、西はアルメニアとグルジアに挟まれた国です。面積は北海道よりも少し大きく日本の東北地方とほぼ緯度にある国です。しかし、日本の東北地方とは気候は大きく異なります。夏場の最高気温が40℃を超えることもあり、一方で冬場の平均気温は5℃前後と一桁台ですが、風の強さによってもっと寒く感じることもあります。雨はほとんど降らず年間降水量が200mm程なので、湿度が低いことも特徴の一つです。
    石油を中心とした天然資源が豊富にあり、バクー油田を中心に世界でも有数の石油産出地です。パイプラインを設置して石油を国外へ輸出していることもあり、石油は国の経済発展を強く支えています。
    アゼルバイジャンに住む人の多くがイスラム教徒ですが、旧ソ連だったこともありお酒の購入も飲酒も容易に可能です。
    ○アルゼバイジャンには2つの世界遺産が登録されています。文化遺産として、城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔 (2000年)、ゴブスタンの岩絵の文化的景観 (2007年)が登録されています。
    ○2018年には世界最高の高さとなる建物「アゼルバイジャンタワー(地上1,050m)」が建つ予定で、現在大注目の国です。
close