バングラデシュ人民共和国People's Republic of Bangladesh

バングラデシュ人民共和国
  • 首都名 ダッカ
  • 宗教 イスラム教徒89.7%、ヒンズー教徒9.2%、仏教徒0.7%、キリスト教徒0.3% (2001年国勢調査)
  • 人口 159,400,000人(2015年10月、バングラデシュ統計局)
  • 在留邦人数 986人(2014年10月1日現在)
  • 通貨と為替レート タカ、
    1米ドル=77.72タカ(2014年度平均、バングラデシュ中央銀行)
  • 言語 ベンガル語(国語)
  • 国境を接するインドと共通点が多く、主食である米のほか、小麦粉で作るチャパティとカレーを合わせて食べるのが一般的です。カレーには、魚、鶏肉、牛肉、羊肉、野菜など多様な食材を用いますが、バングラデシュでは、魚が最もポピュラーなタンパク源として多用されます。
  • 豆知識 ガンジス河下流域の、ベンガル湾に面したデルタ地帯にある国、バングラデシュ。1971年に独立する前は東パキスタンと呼ばれていました。人口1億5千万人を超える人口過密国で、国民の多くはイスラム教徒です。観光名所としては、首都ダッカの旧市街にムガル帝国時代のイスラム建築が残るほか、世界遺産のイスラム建築が残るバゲルハット、仏教遺跡のパハルプールがあります。また、自然好きには、世界遺産のシュンドルボン国立公園へ、稀少となったベンガルタイガーを船で観に行くツアーもあります。
    ○バングラデシュには3つの世界遺産があります。文化遺産として、バゲルハットのモスク都市(1985年)、パハルプールの仏教寺院遺跡群(1985年)があり、自然遺産として、シュンドルボン(1997年)が登録されています。
    ○バングラデシュの国旗は日本の日の丸の色違いのような国旗です。よく見ると、丸の位置が中心から左よりですが、これは、国旗が風でなびいた時に中央に見えるように工夫されているそうです。
    ○世界で米を食べている国はバングラデシュで、1人あたり1日437gのコメを食べるそうです。※2015年トリップアドバイザー調べ
close