トルクメニスタンTurkmenistan

トルクメニスタン
  • 首都名 アシガバット
  • 宗教 主としてイスラム教スンニ派
  • 人口 5,300,000人(2014年:国連人口基金)
  • 在留邦人数 20人(2015年4月現在)
  • 通貨と為替レート マナト、
    1ドル=3.5マナト(2015年2月現在(固定レート):トルクメニスタン中央銀行)
  • 言語 公用語はトルクメン語。ロシア語も広く通用。
  • 他の中央アジアの国々同様、ナーンとよばれている丸い平らなパンが主食です。
    トルクメニスタンでは食事の最初からフルーツなどをテーブルいっぱいにならべ、いきなりメロンやスイカを食べたりします。食材的には羊肉を始めとする肉料理が中心です。スープを始め、プロフと呼ばれている中央アジアの国々で一般的なピラフなどの米料理、シャシリク(串焼き)などに使用されます。
    また、カスピ海沿岸ということもありチョウザメもポピュラーな食材です。
  • 豆知識 アフガニスタン、イラン、ウズベキスタン、カザフスタンと国境を接する中央アジア南西部の共和制国家の永世中立国、トルクメニスタン。
    豊富な石油や天然ガスの資源国となっており、経済が豊かで政府による治安維持が行き届いているため治安も良い国です。ほぼ全域が砂漠気候。夏は40~50度、冬は0度以下まで下がるなど、夏と冬の寒暖の差、日中と夜間の寒暖の差が激しく、昼と夜で20度を超える温度差になることもあります。夏季に雨はほとんど降りません。
    ○トルクメニスタンには3つの世界遺産があり、文化遺産として、国立歴史文化公園“古代メルフ”(1999年)、クフナ・ウルゲンチ(2005年)、ニサのパルティア王国時代の城塞群(2007年)が登録されています。
    ○石油、天然ガス資源が豊富で特に天然ガスの埋蔵量は世界4位です。
    ○国土の85%が砂漠です。
close