ウズベキスタン共和国Republic of Uzbekistan

ウズベキスタン共和国
  • 首都名 タシケント
  • 宗教 主としてイスラム教スンニ派
  • 人口 29,300,000人(2014年 国連人口基金)
  • 在留邦人数 110人(2014年10月現在)
  • 通貨と為替レート スム、
    1ドル=2583.00スム(2015年6月現在:ウズベキスタン国立銀行)
  • 言語 公用語はウズベク語。ロシア語も広く使用されている。
  • どんな料理にも必ず出されるのがナーンと呼ばれている平たいパンです。内陸国なので羊や牛、鶏肉がメインです。ウズベキスタンを代表する料理にプロフというサフランで炊いたピラフがあります。また、緑茶は一日を通して愛飲される国民的な飲料です。チャイハナ(chaikhana)という喫茶店 は文化的にも重要な地位を占めています。
  • 豆知識 面積は日本の約1.2倍ある旧ソビエト連邦の共和国です。日本人にはあまりなじみがないかもしれませんが、その昔、シルクロード貿易の中継地としてもっとも栄えたエリアといわれています。今でもオアシス都市が点在し、文化的遺産も多く残っており、特に「青の都」と呼ばれるサマルカンドはその中心地で荘厳な建物が残る世界遺産の都市となっています。
    ○ウズベキスタンには4つの世界遺産が登録されています。文化遺産として、ヒヴァのイチャン・カラ(1990年)、ブハラ歴史地区(1993年)、シャフリサブス歴史地区(2000年)、サマルカンド‐文化交差路(2001年)が登録されています。
    ○ウズベキスタンは世界に2カ国しかない「二重内陸国」のうちの一つです。因みにもう1カ国はリヒテンシュタイン(ヨーロッパ)です。
    ※二重内陸国:国境を接する全ての国が内陸国である内陸国のことを二重内陸国という。二重内陸国では、海に出るために少なくとも2つの国境を越えなければならない。
close