ベトナム社会主義共和国Socialist Republic of Viet Nam

ベトナム社会主義共和国
  • 首都名 ハノイ
  • 宗教 仏教、カトリック、カオダイ教 他
  • 人口 92,500,000人(2014年時点、国連人口基金推計)
  • 在留邦人数 12,254人(2013年10月現在)
  • 通貨と為替レート ドン、1ドル=21,673ドン(2015年5月)
  • 言語 ベトナム語
  • 主食は米。ベトナムは米食文化で、基本的には日本と同様に白米とおかず、汁物による食事が基本です。ただし、日本のジャポニカ米でなく、粒が細長いインディカ米と、もち米を食べます。また、フォー(米粉の麺)が有名ですがベトナムでの朝食はフォーで始まります。特に忙しい朝は家庭で作るより町の屋台や食堂で食べることが常識になっていて、大小問わずいたる所にPHO(フォー)という看板を見かけます。もう一つよく見かけるのが小魚を塩漬けにして発酵させた魚醤(ヌックマム)という調味料です。日本の醤油のような存在でポピュラーに使用されています。
  • 豆知識 インドシナ半島の東端、南北にS字型に長い国土を持つベトナムは豊かでバラエティーに富んだ自然を有しています。山岳地帯、美しい海岸線を持つビーチ、肥沃なメコンデルタなど、観光スポットも数多くあります。北部のハロン湾、旧ハノイ(タンロン)城跡、中部のチャンパ遺跡のあるミーソン、古い街並みが残るホイアンは世界遺産に登録されており、旅行者にも人気の場所です。
    ○「ジャパンブランド調査2015」によると、 日本に対する好意度が最も高かった国・地域はベトナム と台湾でした。ベトナム人が選ぶ「日本の好きなところ」の 1位は「日本人(の気質):勤勉」 、2位は「技術力」、3位は「伝統文化」となっています。
    ○ベトナムには8つの世界遺産があります。文化遺産として、フエの建造物群(1993年)、ホイアンの古い町並み (1999年)、ミーソン聖域 (1999年)、ハノイのタンロン皇城の中心区域(2010年)、胡朝の城塞(2011年)があり、自然遺産として、ハロン湾(1994年、2000年)、フォンニャ=ケバン国立公園(2003年、2015年拡大)、複合遺産として、チャンアンの景観複合体(2014年)が登録されています。
    ※「ジャパンブランド調査2015」:(株)電通実施
close