• なんプロとは?
  • 世界が見えるトピックス
  • なんプロサポーターの活動
  • 学生レポーター発信中!
  • アクションから選ぶ
  • メンバー団体情報
  • メルマガ登録

世界が見えるトピックス 特集

映画『判決、ふたつの希望』コラボ企画② ジアド・ドゥエイリ監督インタビュー

映画『判決、ふたつの希望』コラボ企画② ジアド・ドゥエイリ監督インタビュー
◆映画予告編 https://youtu.be/GrTlVv2YMlQ   2018年8月31日、一本の映画が日本で封切りになりました。タイトルは『判決、ふたつの希望』。第90回アカデミー賞外国語映画賞にノミネ [...]

続きを見る»

誰かを介してこの想いが連なっていくといいなと願っています。

誰かを介してこの想いが連なっていくといいなと願っています。
想いをベースにした信頼関係が、個人から個人に、個人からその集合体のコミュニティに、コミュニティから社会に、社会から国に、国から世界に、どんどん広がっていけば、戦争なんてしなくなって、平和が訪れるような気がするんです。私は [...]

続きを見る»

「どこかで彼女とつながっているのだと信じて」

「どこかで彼女とつながっているのだと信じて」
きっかけをくれたカンボジアの女性とは連絡先を交換したわけでもありませんし、名前だって知りません。もう二度と会うことはないのかもしれない。けれど、いつかなんらかの形で彼女の力になりたいと願っています。そして、そういう想いを [...]

続きを見る»

映画『判決、ふたつの希望』コラボ企画① 大学生×JICA職員座談会

映画『判決、ふたつの希望』コラボ企画① 大学生×JICA職員座談会
◆映画予告編 https://youtu.be/GrTlVv2YMlQ     2018年8月31日、一本の映画が日本で封切りになります。タイトルは『判決、ふたつの希望』。第90回アカデミー賞外国語映 [...]

続きを見る»

「熱い心と、冷たい頭を持て」という言葉の意味を噛み締めています。

「熱い心と、冷たい頭を持て」という言葉の意味を噛み締めています。
問題が存在するという制約のなかで、いま、どういった支援ができるのか、のちに、どういった効果を発現させたいのかを考える必要も当然あるわけです。つまり、途上国が、現在抱えている課題と向き合いながら、そこで暮らす彼ら彼女らに寄 [...]

続きを見る»

「観る、という支援。」<br />UNHCR難民映画祭、今年も開催!

「観る、という支援。」
UNHCR難民映画祭、今年も開催!
今年で13回目となる「UNHCR難民映画祭」。9月7日からの開催に先駆け行われたプレ上映会には、多くのメディアが集まり、映画祭関係者が今年のテーマや豊富について語りました。JICAも例年パートナーとして後援しているこの映 [...]

続きを見る»

もともと彼とは、「先生と生徒」という関係でしたが、いまでは兄弟に近いような存在に感じています

もともと彼とは、「先生と生徒」という関係でしたが、いまでは兄弟に近いような存在に感じています
JICAに入構してすぐの頃は、仕事における物差しは「ジョン」という一人の少年でした。途上国に出張して、担当するプロジェクトの村の農家の方と会ったときにも、やはり彼のことを考えていました。ジョンだったらこういう状況でどんな [...]

続きを見る»

あなたのひとつの行動で、誰かを幸せにすることができるかもしれません 〜EARTHRISE 小幡星子さん〜 後編

あなたのひとつの行動で、誰かを幸せにすることができるかもしれません 〜EARTHRISE 小幡星子さん〜 後編
買い物をする際、その商品やサービスが「フェアトレード」であるかどうかが、選択の大きなポイントになりつつあります。途上国で作られるものを適正な価格で購入することで生産者のみなさんの生活を支援する仕組みは、数多くの団体や企業 [...]

続きを見る»

彼の使命感に熱い想いを感じ、後押ししたいと思った

彼の使命感に熱い想いを感じ、後押ししたいと思った
尊敬できる人は、国籍を問わずたくさんいるんだな、って改めて強く感じました。彼は、誰にもチェックされていないなかにあっても、たった一人の医療従事者として自分の果たすべき職務を理解し、自分がやるべきことをちゃんとやっていまし [...]

続きを見る»

あなたのひとつの行動で、誰かを幸せにすることができるかもしれません 〜EARTHRISE 小幡星子さん〜 前編

あなたのひとつの行動で、誰かを幸せにすることができるかもしれません 〜EARTHRISE 小幡星子さん〜 前編
買い物をする際、その商品やサービスが「フェアトレード」であるかどうかが、選択の大きなポイントになりつつあります。途上国で作られるものを適正な価格で購入することで生産者のみなさんの生活を支援する仕組みは、数多くの団体や企業 [...]

続きを見る»

半径200mぐらいにいる人たちを想って

半径200mぐらいにいる人たちを想って
たとえば通勤中にダウンタウンですれ違う人が仕事を見つけるとか、車で移動しているときチラッと目に入る農家の方が新しい品種の種を植えて収入を得るとか、そんなことを想像しながら仕事をしないと、実感が持てないんです。もしかしたら [...]

続きを見る»

「自分たちでなんとかしよう」という気持ちを後押しできるような存在に

「自分たちでなんとかしよう」という気持ちを後押しできるような存在に
少年たちは、自発的に日本語学校に通い、夜の街にも繰り出して、日本語の練習に励んでいたわけです。それは、自分たちが目指すロールモデルがいて、目標があったからこそで、誰かから押し付けられたからではありません。自分で興味を追求 [...]

続きを見る»

ユニフォームを脱いでも社会から重宝される人材になってほしい 日系研修「野球指導者の人材育成」後編~高知ファイティングドッグス 駒田徳広監督 / 北古味潤 副社長~

ユニフォームを脱いでも社会から重宝される人材になってほしい 日系研修「野球指導者の人材育成」後編~高知ファイティングドッグス 駒田徳広監督 / 北古味潤 副社長~
「日本式野球」を学ぶため、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイの南米3カ国から5名の日系人が来日しました。迎え入れたのは、プロ野球独立リーグ・四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスです。今回の世界が見える [...]

続きを見る»

たまたま生まれた国が違っただけで、友情に変わりはない

たまたま生まれた国が違っただけで、友情に変わりはない
大学時代、父親を爆弾テロで失ったソマリア人留学生とともに、現地を支援する活動を行っていました。どうしてソマリアだったのか? と聞かれても、明確な理由はありません。友だちになったら国境なんて関係ない。「たまたま」生まれた国 [...]

続きを見る»

南米の日系社会に “日本式野球”をひろげよう! 日系研修「野球指導者の人材育成」 前編

南米の日系社会に “日本式野球”をひろげよう! 日系研修「野球指導者の人材育成」 前編
かつて、より良き生活を求めて南米に移住する日本人たちがいました。それから月日は流れ、2018年は、日本からのブラジル移民110周年、そして2019年にはペルーとボリビアが120周年を迎えます。いま、現地を訪ねる日本人や日 [...]

続きを見る»

途上国の人々の暮らしや文化を伝えたい JICA地球ひろば 【企画展示】「食べるコト 生きるコト」~地球案内人 村上敦さん~

途上国の人々の暮らしや文化を伝えたい JICA地球ひろば 【企画展示】「食べるコト 生きるコト」~地球案内人 村上敦さん~
私たちにとって身近な「食」。最近では「フードロス」が大きな社会問題となっていますが、世界の開発途上国では、8億人近くもの人々が栄養不足に陥っている一方で、食べ過ぎや栄養の取り過ぎといった問題も存在します。 今回の世界が見 [...]

続きを見る»

援助ではなく取引を! ~THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)橋本実佳さん~

援助ではなく取引を! ~THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)橋本実佳さん~
近年ますます注目を集めている「フェアトレード」。途上国で作られるものを適正な価格で購入することで生産者のみなさんの生活を支援する仕組みを、数多くの団体や企業が採用しています。今回の世界が見えるトピックスでは、30年以上前 [...]

続きを見る»

「アフガニスタンでしか感じられないことを可能な限り吸収したい」 ~JICA アフガニスタン事務所 吉武 尋史さん~

「アフガニスタンでしか感じられないことを可能な限り吸収したい」 ~JICA アフガニスタン事務所 吉武 尋史さん~
世界が見えるトピックスでは、アフガニスタンの女性たちを取り巻く過酷な環境、そしてそこから立ち上がる彼女たちの力強さを伝えるべく、井上きみどりさんによる漫画「アフガニスタンで警察官になった女性たち」を公開しました。 では、 [...]

続きを見る»

今さら!? 聞けない難民問題、ポイント解説!

今さら!? 聞けない難民問題、ポイント解説!
「難民」という言葉が連日のように報道されています。 2015年末現在、難民および難民申請者、国内で住居を追われた人の数は、世界全体で6,350万人(*1)にものぼり、第二次世界大戦後最多となっています。 今、「難民問題」 [...]

続きを見る»

先人が苦難を乗り越え切り開いてきた歴史の上に現在がある 後編  ~JICA 中南米部 吉田憲~

先人が苦難を乗り越え切り開いてきた歴史の上に現在がある 後編  ~JICA 中南米部 吉田憲~
今年、2018年は日本人のブラジル移住110周年という記念の年です。今回の世界が見えるトピックスでは、「移民」という観点から日本とブラジルの関係に注目。両国は、長い時間をかけてどのような歴史を育んできたのか、それが現在、 [...]

続きを見る»

先人が苦難を乗り越え切り開いてきた歴史の上に現在がある 前編  ~JICA 中南米部 吉田憲~

先人が苦難を乗り越え切り開いてきた歴史の上に現在がある 前編  ~JICA 中南米部 吉田憲~
今年、2018年は日本人のブラジル移住110周年という記念の年です。今回の世界が見えるトピックスでは、「移民」という観点から日本とブラジルの関係に注目。両国は、長い時間をかけてどのような歴史を育んできたのか、それが現在、 [...]

続きを見る»

“おいしい”は“遠い”世界を“近く”する 後編 〜edit JAPAN堺あゆみさん〜

“おいしい”は“遠い”世界を“近く”する 後編 〜edit JAPAN堺あゆみさん〜
毎年5月はフェアトレード月間と定められています。「フェアトレード」とは発展途上国で作られるものを適正な価格で購入することで、生産者のみなさんの生活を支援する取り組みです。今回の世界が見えるトピックスでは、いま話題のスーパ [...]

続きを見る»

“おいしい”は“遠い”世界を“近く”する 前編 ~edit JAPAN堺あゆみさん~

“おいしい”は“遠い”世界を“近く”する 前編 ~edit JAPAN堺あゆみさん~
毎年5月はフェアトレード月間と定められています。「フェアトレード」とは発展途上国で作られるものを適正な価格で購入することで、生産者のみなさんの生活を支援する取り組みです。今回の世界が見えるトピックスでは、いま話題のスーパ [...]

続きを見る»

漫画の力で「自分ごと」に 取材漫画家 井上きみどりさん

漫画の力で「自分ごと」に 取材漫画家 井上きみどりさん
現在もはびこる性差別や暴力と闘い、強い意志を持って警察官になった女性たちが、アフガニスタンにいます。そんな彼女たちの姿を、取材漫画家の井上きみどりさんが漫画で描きました。今回の「世界が見えるトピックス」は、井上さんに、現 [...]

続きを見る»

「アフガニスタンで警察官になった女性たち」取材漫画家 井上きみどり先生

「アフガニスタンで警察官になった女性たち」取材漫画家 井上きみどり先生
現在もその多くが、差別や暴力と闘っているアフガニスタンの女性たち*。その中に、信じられないような悲惨な状況下においても、強い意志を失わず、警察官になった人々がいます。今回の「世界が見えるトピックス」では、これまでも開発途 [...]

続きを見る»

「気持ちを大切にできる幸福な仕事」JICA 南アジア部計画課 日浅美和さん

「気持ちを大切にできる幸福な仕事」JICA 南アジア部計画課 日浅美和さん
私たちが普段生活していくなかで、なかなか自分ごととして捉えることの難しい「国際協力」「途上国支援」。はるか遠い国の出来事のように感じられてしまう現状があるのかもしれません。けれども、実はそこには、懸命に汗を流す日本人の姿 [...]

続きを見る»

楽しく、美味しく海を守ろう! 後編~さかなクン×イヴォーン・ユー(国連大学IAS研究員)~

楽しく、美味しく海を守ろう! 後編~さかなクン×イヴォーン・ユー(国連大学IAS研究員)~
持続可能な漁業資源の活用や、海の環境保全を考える日として、6月8日はWorld Oceans Day(世界海洋デー)と定められています。SDGsでも「海の豊かさを守ろう」が目標とされているように、人間にとって非常に大切な [...]

続きを見る»

つくる人も買う人もHappyになってほしい。広瀬アリスさんが取り組むフェアトレード

つくる人も買う人もHappyになってほしい。広瀬アリスさんが取り組むフェアトレード
毎年5月はフェアトレード月間と定められています。「フェアトレード」とは発展途上国で作られるものを適正な価格で購入することで、生産者のみなさんの生活を支援する取り組みです。食べ物や生活雑貨、ファッションアイテムから小物まで [...]

続きを見る»

楽しく、美味しく海を守ろう! 前編~さかなクン×イヴォーン・ユー(国連大学IAS研究員)~

楽しく、美味しく海を守ろう! 前編~さかなクン×イヴォーン・ユー(国連大学IAS研究員)~
持続可能な漁業資源の活用や、海の環境保全を考える日として、6月8日はWorld Oceans Day(世界海洋デー)と定められています。SDGsでも「海の豊かさを守ろう」が目標とされているように、人間にとって非常に大切な [...]

続きを見る»

世界で奮闘する日本人ボランティア スリランカ 伊藤詩乃隊員

世界で奮闘する日本人ボランティア スリランカ 伊藤詩乃隊員
「世界が見えるトピックス」では、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)に注目しています。今回は、途上国で活動する日本人ボラン [...]

続きを見る»

太平洋・島サミット2018開催~太平洋の島国との絆~

太平洋・島サミット2018開催~太平洋の島国との絆~
SDGsに注目している「世界が見えるトピックス」では今回、今年5月18日~19日に福島県いわき市で開催される「第8回太平洋・島サミット(PALM8)」をご紹介します。   ミクロネシア、メラネシア、ポリネシアの [...]

続きを見る»

自分には関係ない……なんてことは「そもそも」ない「SDGs」 〜身近なところから考え、はじめよう〜

自分には関係ない……なんてことは「そもそも」ない「SDGs」 〜身近なところから考え、はじめよう〜
2015年9月に開催された国連サミットで、国際社会は持続可能な開発を実現するために新たな目標を定めました。それが「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals)、通称SDGsです。20 [...]

続きを見る»

余った食材、おいしく変身! 後編 〜一般社団法人 フードサルベージ〜

余った食材、おいしく変身! 後編 〜一般社団法人 フードサルベージ〜
「世界が見えるトピックス」では、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)に注目しています。今回は、SDGs目標12「つくる責任 [...]

続きを見る»

余った食材、おいしく変身! 前編 〜一般社団法人 フードサルベージ〜

余った食材、おいしく変身! 前編 〜一般社団法人 フードサルベージ〜
「世界が見えるトピックス」では、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)に注目しています。今回は、SDGs目標12「つくる責任 [...]

続きを見る»

次代を担う若者たちがSDGsを推進する!<br />大学SDGs ACTION AWARDS

次代を担う若者たちがSDGsを推進する!
大学SDGs ACTION AWARDS
「世界が見えるトピックス」では、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)に注目しています。今回は、3月10日(土)、この目標達 [...]

続きを見る»

チャレンジに失敗はない なでしこジャパン佐々木則夫前監督が語るジェンダー

チャレンジに失敗はない なでしこジャパン佐々木則夫前監督が語るジェンダー
2011 FIFA女子ワールドカップ ドイツ大会で世界一の栄冠に輝き、翌2012年ロンドンオリンピックでは銀メダルを獲得……なでしこジャパンを世界のトップチームに育て上げた名将佐々木則夫さんは [...]

続きを見る»

Because I am a Girl 女の子「だからこそ」できることがある! 後編

Because I am a Girl 女の子「だからこそ」できることがある! 後編
「世界が見えるトピックス」では、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)に注目しています。今回は、途上国51カ国で子どもととも [...]

続きを見る»

Because I am a Girl 女の子「だからこそ」できることがある! 前編

Because I am a Girl 女の子「だからこそ」できることがある! 前編
「世界が見えるトピックス」では、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)に注目しています。今回は、途上国51カ国で子どもととも [...]

続きを見る»

歌手の庄野真代さん、ラオスの子どもと音楽で交流

歌手の庄野真代さん、ラオスの子どもと音楽で交流
歌手活動とともに、NPO法人『国境なき楽団』の創設代表理事として、家庭で使わなくなった楽器を集めて途上国の子どもたちに贈る活動なども行っている庄野真代さんは、「なんプロ」のサポーターでもあります。そんな庄野さんが今年2月 [...]

続きを見る»

意思決定の場に必要とされる女性の視点 後編 ~UN Women~

意思決定の場に必要とされる女性の視点 後編 ~UN Women~
「世界が見えるトピックス」では、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)に注目していきます。今回は、SDGs目標5「ジェンダー [...]

続きを見る»

意思決定の場に必要とされる女性の視点 前編 ~UN Women~

意思決定の場に必要とされる女性の視点 前編 ~UN Women~
「世界が見えるトピックス」では、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)に注目していきます。今回は、SDGs目標5「ジェンダー [...]

続きを見る»

綺麗な水で笑顔がはじける 後編 ~国際NGOウォーターエイドジャパン~

綺麗な水で笑顔がはじける 後編 ~国際NGOウォーターエイドジャパン~
「世界が見えるトピックス」では、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)に注目していきます。今回は、SDGs目標6「安全な水と [...]

続きを見る»

綺麗な水で笑顔がはじける 前編 ~国際NGOウォーターエイドジャパン~

綺麗な水で笑顔がはじける 前編 ~国際NGOウォーターエイドジャパン~
「世界が見えるトピックス」では、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)に注目していきます。今回は、SDGs目標6「安全な水と [...]

続きを見る»

SDGsバトンリレー企画 つなげ!世界の未来へ

SDGsバトンリレー企画 つなげ!世界の未来へ
なんプロ著名人メンバーが走者となり、SDGsの課題に沿った途上国への日本の協力や取り組みをリレー形式で紹介します。 バトンリレーとともに、「よりよい世界」のためにひとりひとりができることを自ら考え、行動につなげるムーブメ [...]

続きを見る»

永島昭浩さんレポート~地震から立ち上がるネパール 日本が広げる「より良い復興」~

永島昭浩さんレポート~地震から立ち上がるネパール 日本が広げる「より良い復興」~
「窓からヒマラヤが良く見えたね!」日本を出発し、バンコク経由でおよそ16時間、世界中からの観光客で賑わうネパールの首都カトマンズに永島昭浩さんが到着です。4回目となる永島さんのなんプロ視察、今回取材するのは「日本の復興支 [...]

続きを見る»

佐々木則夫さんのブラジル訪問 ~遠くて近いブラジルと日本の繋がり~

佐々木則夫さんのブラジル訪問 ~遠くて近いブラジルと日本の繋がり~
2017年の夏、新たになんプロサポーターとなった元なでしこJAPAN監督、佐々木則夫さんが、ブラジルの地に降り立ちました。女子サッカーワールドカップ優勝経験を持ち、これまで世界中を転戦されてきた佐々木さんですが、ブラジル [...]

続きを見る»

ERIKOさんのホンジュラス訪問 レポート

ERIKOさんのホンジュラス訪問 レポート
こんにちは、モデル・定住旅行家のERIKOです。今回、中央アメリカに位置するラテンの国、ホンジュラスを訪れました。実は私がホンジュラスを訪問するのは2度目で、初めての訪問は2013年の中南米25カ国を縦断した時でした。た [...]

続きを見る»

毎年、5月はフェアトレード月間です!

毎年、5月はフェアトレード月間です!
フェアトレードとは?「フェアトレード」とは発展途上国で作られる物を正しい価格で購入することで、生産者の皆さんの生活を支援する取り組みです食べ物や生活雑貨、ファッションアイテムから小物まで、身近な生活にフェアトレード商品を [...]

続きを見る»

永島昭浩さんのラオス訪問

永島昭浩さんのラオス訪問
昨年、初めての「なんプロ」視察でスーダンを訪ねた永島昭浩さん。遠い国で奮闘する日本人の姿は、かつてサッカー日本代表として多くの国に遠征し、現在はスポーツの最新情報をお茶の間に伝える永島さんにとって、懐かしさと新鮮さが半々 [...]

続きを見る»

開発途上国の“ジェンダー・人権”を考える

開発途上国の“ジェンダー・人権”を考える
毎年、3月8日は「国際女性の日」です。開発途上国におけるジェンダーや人権については大きな課題があります。特に、ジェンダー不平等と女性を取り巻く環境、解決すべき課題は、女性のエンパワーメントとあわせ、国際社会の中で重要な課 [...]

続きを見る»

井上きみどり JICA 地球ひろば潜入レポート

井上きみどり JICA 地球ひろば潜入レポート
ノンフィクション漫画家・コラムニスト でプロジェクト・メンバーの井上きみどりさんがJICA 地球ひろば潜入レポートします。

続きを見る»

たかまつななさん ~マダガスカルで日本と自分を再発見~

たかまつななさん ~マダガスカルで日本と自分を再発見~
なんとかしなきゃ!プロジェクトメンバーで、「お笑いジャーナリスト」のたかまつななさんが、マダガスカルを取材訪問しました。「お笑いを通じて、若い世代に政治や国際協力への関心を持ってもらいたい!」 そんな使命を持って、大学院 [...]

続きを見る»

井上きみどり 日本とアジアの絆をたどる旅 ~ラオス・ベトナム編~

井上きみどり 日本とアジアの絆をたどる旅 ~ラオス・ベトナム編~
ノンフィクション漫画家・コラムニスト でプロジェクト・メンバーの井上きみどりさんがラオス・ベトナムを訪れました。 彼女が訪れた国際協力の現場。そこには 私たち日本人には想像できないリアルな現実と、なんとかしようと汗を流す [...]

続きを見る»

UNDP親善大使・紺野美沙子さんのケニア訪問 産業開発と技術革新!人・物・自然、みんな寄り添って

UNDP親善大使・紺野美沙子さんのケニア訪問 産業開発と技術革新!人・物・自然、みんな寄り添って
2016年8月27日・28日に、日本政府はUNDPと共同で「第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)」を、初めてアフリカで開催します。それに先駆け、俳優であり、またUNDP親善大使として「なんとかしなきゃ!プロジェクト [...]

続きを見る»

広瀬アリスさんのインド訪問

広瀬アリスさんのインド訪問
昨年、妹すずさんへの誕生日プレゼントを探しに、フィリピンを訪れた広瀬アリスさん。厳しい環境で暮らす人々の現実を知り、そこに寄り添う日本人の方々と出会い、モノづくりやデザインの力によって「つくる人も買う人もハッピー」な協力 [...]

続きを見る»

ボビー・オロゴンさんのナイジェリア訪問 故郷ナイジェリアの今を見つめて

ボビー・オロゴンさんのナイジェリア訪問 故郷ナイジェリアの今を見つめて
なんとかしなきゃ!プロジェクトメンバーでタレントのボビー・オロゴンさんが母国ナイジェリアを訪問しました。今回、日本の支援で改修・増築が行われたナイジェリア国内の小学校30校のうち、1校がボビーさんの出身校であることがわか [...]

続きを見る»

Feat.アフリカ

Feat.アフリカ
2016年8月27日から、アフリカの開発をテーマにした日本が主導する国際会議「TICAD Ⅵ」が初めてアフリカ(ケニア)で開催されます。これまで、TICADは5年ごとに日本で開催されてきましたが、今年より、3年ごとに日本 [...]

続きを見る»

中島浩司さん 笑顔のエチオピア訪問記

中島浩司さん 笑顔のエチオピア訪問記
皆さん、エチオピアという国をご存じですか?コーヒーの発祥の地とも言われるエチオピアの歴史は古く、沢山の歴史的建造物が世界遺産に登録され、固有の文字やカレンダーがあり、独自の宗教・独自の文化を守る、誇り高き人々が暮らす、大 [...]

続きを見る»

永島昭浩さんのスーダン訪問 ~サッカーが繋ぐ・不思議な国スーダン~

永島昭浩さんのスーダン訪問 ~サッカーが繋ぐ・不思議な国スーダン~
「スーダン」・・・どこにあるんだろう?大きさは?人口は?宗教は?寒い?暑い?危険じゃないの?何が食べられているの?そしてどんな人々が住んでいるの? 「面白そうですね!」満面の笑みで答えるのは元サッカー日本代表、スポーツキ [...]

続きを見る»

なんとかしなきゃ!プロジェクト学生レポーター

なんとかしなきゃ!プロジェクト学生レポーター
今回お話を伺ったのは、ファッションモデルであり、2012年6月に「なんとかしなきゃ!プロジェクト著名人メンバー」としてブータンを訪れた押切もえさんです。もともと押切さんが国際協力に関わるきっかけとなったのは、環境省の環境 [...]

続きを見る»

広瀬姉妹が語る。お洒落が好きだからこそ知っておきたい大切なこと

広瀬姉妹が語る。お洒落が好きだからこそ知っておきたい大切なこと
女優として活躍している広瀬アリスさんが「なんとかしなきゃ!プロジェクト」に参加。フィリピンを訪れ「エシカルファッション」について見て、感じて学んだ広瀬アリスさんが妹の広瀬すずさんのために世界に1つだけの誕生日プレゼントと [...]

続きを見る»

学生レポーター募集

学生レポーター募集
学生ならではの視点で、開発途上国や国際協力・国際交流についての情報を発信する、若者と国際協力をつなぐ橋渡し役です。10~20代を中心とした学生や若者の関心事から国際協力への理解促進のための情報発信をお手伝いいただきます。 [...]

続きを見る»

なんプロ!LINEクリエーターズスタンプ

なんプロ!LINEクリエーターズスタンプ
みなさん、LINEはお使いですか? なんとかしなきゃ!プロジェクトでは、防災テーマのプログラムの一つとして、話題のLINEクリエーターズスタンプを作りました。スタンプは著名人メンバーのノンフィクション漫画家、井上きみどり [...]

続きを見る»

SDGs-私たちの未来への約束

SDGs-私たちの未来への約束
2015年9月に開催された国連サミットで、国際社会は持続可能な開発を実現するための新たな目標を定めました。 それが、「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)です。通称 [...]

続きを見る»

なんとかしなきゃ!と思ったら→