よしととひうた
YOSHITOTOHIUTA(よしととひうた)

紙芝居作家/紙芝居師「よしと」とソングライター「ひうた」による紙芝居と音楽のコラボレーションライブ、現代版新感覚紙芝居です。2006年夏、活動開始。山陰を拠点に保育園、幼稚園、小学校、美術館、カフェ、保育士研修など全国各地で年間150~200本近くライブを展開しています。絵と音楽を通して生まれる笑顔のコミュニケーションを大切に活動をしています。ライブは、一緒に歌ったり手拍子したり、クイズを出したりする参加一体型のライブです。みなさん是非一度体験してください。

メッセージ

2014年6月、僕たちはカンボジアのクラチェにある小学校の子どもたちに紙芝居ライブを届けに行きました。紙芝居を見てもらい一緒に歌い、遊び、手をつなぎました。ライブが始まり子どもたちの表情を見て楽しさに国境はないんだと感じました。子どもの笑顔は世界を良い方向に導く力があります。

「みんなと一緒に笑顔になってハッピーになること」この想いが僕たちの活動の根源です。言葉が通じなかったり、思想や文化が異なっていたりお互いの事が理解し難い時に摩擦が生まれます。

この摩擦を無力化するものが子どもたちの笑顔の力だと思います。

絵と音楽には言葉を越えたコミュニケーション力があります。

地球の反対にいる人も隣にいる人もすべてつながっています。

知らないから関係ないとか、遠いから関係ないではなく「なんとかしたい!」という気持ちが一人でも多くの人に生まれる事が世界が笑顔でつながる大きな一歩になると信じています。

関連コンテンツ
動画メッセージ
close