アンダーグラフ
UNDER GRAPH(あんだーぐらふ)

1999年結成、その後2004年にシングル「ツバサ」でメジャーデビュー。50万枚を超える大ヒットとなり、世代を超えて支持される名曲となった。
1stアルバムも20万枚を超えるセールスを記録し、日本のバンドシーンの中での立ち位置を確実なものとした。
その後も積極的に作品を発表。国内のライヴ動員も増やし、さらには行定勲氏や河瀬直美氏など映画監督とのコラボレーションも話題になる。
最近ではさらに活動の幅を拡げ、開発途上国への支援として、ポリオワクチンを届けるために自らのアーティスト印税を寄付したり、ハイチ大地震への義援活動や東日本大震災への義援プロジェクトなど、音楽を通しての社会的活動にも積極的に参加している。
2011年、自らのレーベルAcorn Recordsを設立。「花天月地」、「蒼の時」と2枚のアルバムを発表、精力的な活動を繰り広げている。

メッセージ

目の前の見えているものだけじゃない。

僕らが見えていない世界も沢山ある。

まずは、そんな僕達とは全く違った生活をしている人達の事を想像してみる。

出来る限りでいい。

なんとかしたいな、なんとかしなくちゃな、そう思える事で何かがすでにかわってきていると思う。

僕らはミュージシャンです。

音楽で出来る事を、

その一つが、なんとかしなきゃ!に賛同した理由です。

この世界にはきっと見過ごせない事が沢山あるから。

広い大きな視野で、見つけた小さな問題を、出来る限りでいいと思う。

なんとかしなくちゃ。

関連コンテンツ
動画メッセージ
close