サンフレッチェ広島
SANFRECCE HIROSHIMA

広島県広島市をホームタウンとする「サンフレッチェ広島」。サンフレッチェは、日本語の「三」とイタリア語の「フレッチェ(矢)」をあわせて作った造語で「三本の矢」を意味しています。このチーム名は広島に縁の深い戦国武将毛利元就の「三本の矢」の故事から名づけられたもので、広島の県民市民・行政・財界の三位一体の力によって支えられていることを示し、またチームスポーツの基幹をなす「技術・戦術・体力」の三要素、そして個々の選手に必要とされる「心・技・体」の三原則にもつながっています。

メッセージ

サンフレッチェ広島は、平和都市広島を本拠地とするプロサッカークラブです。2012―2013シーズンと、史上4クラブ目となるJ1リーグ連覇を成し遂げました。2012年のFIFAクラブワールドカップでは、各大陸王者が集まる大会で5位という成績を収めました。2014シーズンは2年連続3回目となるAFCチャンピオンズリーグに出場し、初めてグループステージを突破し、アジアチャンピオンを目指し戦っています。そのAFCチャンピオンズリーグでは、対戦相手が平和公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花した事例もあります。広島の代表・日本の代表として、サッカーを通じて平和と友好、親善の輪を広げる事は非常に意義深いものと考えています。サンフレッチェ広島は、今後もサッカーを通じて子供たちに夢と希望を与え続けるとともに、国際協力に取り組んでまいります。

関連コンテンツ
動画メッセージ
close