上田みどり
MIDORI UEDA(うえだ・みどり)

1946年広島生まれ。子育てが一段落してのち、41歳で広島大学大学院文学研究科博士課程後期を終了。その間、日米市長・商工会議所会頭会議、広島アジア大会、国連世界女性会議などにおいて、通訳、コーディネーターとして尽力。大学院終了後、広島経済大学に就職。1996年ハーバード大学客員研究員、99年より広島経済大学の教授職に就き、現在に至る。国際平和文化都市を標榜する広島で、テレビ番組のレギュラー・コメンテーター、ラジオでもレギュラー番組を持つなど、広島のオピニオン・リーダーとして活躍。著書に『グッドモーニング・ひろしま』、『アメリカ・朱夏』、『知のメディエーター』、またアメリカ文学、アメリカ研究及び比較文学関連論文多数。

メッセージ

マザーテレサの「愛の反対の言葉は無関心です」の発言が、私の心にいつも問いかけています。
今、世界中の情報が自由に手に入る時代になりました。現在、私は日本の若者に、文学や英語を教えています。この若者たちが、世界に関心を持ち、各地に飛び出し、困っている子どもたちや病気の人々に、手を差し伸べることが出来たら、どれほどすばらしいことでしょう。
また、これらの体験を通して、若者たち自身も力強く成長し、この地球で互いに助けられ生かされていることを学ぶでしょう。国際協力はお互いさまの気持ちで進みます。

関連コンテンツ
close