中村康人
YASUTO NAKAMURA(なかむら・やすと) 

中村康人

KSB瀬戸内海放送(テレビ朝日系列)アナウンサー

福岡県出身 

 

大学卒業後、大分県のテレビ局に勤務。2011年12月から2014年1月まで青年海外協力隊に参加(ブータン/放送隊員)。当時、ブータン唯一のテレビ局で、企画から撮影・編集・演出の計画指示まで番組制作に関わる分野の指導を行う。帰国後、2014年4月から現職。「KSBスーパーJチャンネル」のキャスターを務めながら、番組内では自身が企画したシリーズ「世界のためにできること」を制作している。シリーズでは、放送エリア(岡山県・香川県)出身の青年海外協力隊員らを積極的に取材し国際協力の今を視聴者に伝えている。

メッセージ

瀬戸内海放送(テレビ朝日系列)のアナウンサー中村康人です。

現在、「KSBスーパーJチャンネル」のキャスターを担当し、国際協力分野の取材も積極的に行っています。ブータンで活動した2年間は国際協力の必要性について、身を持って感じることができました。多くの人に国際協力について考えるきっかけをつくりたい…それが私の願いです。数少ない青年海外協力隊経験者の喋り手として、背伸びをせず、一歩ずつ着実に伝えていくつもりです。

関連コンテンツ
close