冨永愛
AI TOMINAGA(とみなが・あい)

神奈川県生まれ。15歳でモデル・デビュー以来、内外のSHOW、雑誌、広告等で活躍を続けるトップ・モデル。2001年第45回FECモデルオブザイヤーをはじめ、現在まで数々の賞を受賞。最近は、テレビ出演や、ラジオやテレビののパーソナリティとしてレギュラー番組を担当する等、活動の場面を拡げている。国連WFP(世界食糧計画)のオフィシャルサポーターや、国際協力NGO ジョイセフ(公益財団法人)のアンバサダーとして、社会貢献活動も活発に行っている。

メッセージ

私が国際協力に興味を持ったきっかけは、子どもを授かり仕事も順調に行っていた時に、“自分は非常に恵まれているな”と思ったことがきっかけです。その後、国際協力NGOジョイセフの“MODE for Charity”の親善大使をやらせて頂いた事がモチベイションになりました。

まずは、世界で過酷な状況に直面しているお母さん、子どもたちをなんとかしたい! と国際協力への興味は大きく拡がりました。

2011年にアフリカのザンビア共和国を訪問しました。世界では36万人の女性、妊婦の方が、出産が原因で亡くなっている事実も知りました。でも、そのザンビアで生きている彼女たちは、とってもたくましくて、非常にHappyな笑顔で、サポ-トしようと思って行った私が反対に元気づけられてしまいました。改めて自分が恵まれた環境にいるということに気付かされましたし、これからももっときめ細かく手助けをしていきたいと考えています。

途上国の様々な状況を出来るだけ多くの皆さんに知って頂いて、そして皆さん自身が“何とかしなきゃ!”と思って頂けたら嬉しいです。

関連コンテンツ
動画メッセージ
close