北海道コンサドーレ札幌
HOKKAIDO CONSADOLE SAPPORO(ほっかいどうこんさどーれさっぽろ)

北海道コンサドーレ札幌は、北海道をホームアイランドとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。
1998年にJリーグへ加盟。試合は札幌ドーム及び札幌厚別公園競技場。練習場は宮の沢白い恋人サッカー場などを使用しています。
チーム名は北海道生まれを意味する「道産子」を逆さ読みにし、応援するときの掛け声「オーレ」を語尾につけたものです。

メッセージ

ホームアイランド北海道にアイデンティティを持つ人のために、市民クラブの使命として「共有体感」をキーワードに、地域に根ざした様々な活動を、クラブを挙げて展開しています。

また、北海道コンサドーレ札幌はタイやベトナムのクラブと提携を結ぶ等、海外と積極的な交流を進めています。

北海道コンサドーレ札幌のクラブスローガンは「北海道とともに、世界へ」です。このスローガンは、選手、スタッフはもちろん、クラブに関わる全ての人が「北海道」を背負って、クラブとしてはJ1、さらにはACL、選手達も日本代表、海外クラブへのステップアップなどを目標に、全員が成長しながら世界を目指していく心意気で日々の練習や業務に邁進する覚悟を表しています。

もちろん、「世界」を語るには時期尚早かもしれませんが、このスローガンは1年限りのものではありません。着実にステップアップして世界を意識できるよう、クラブは前進を続けます。

これからも国際協力に貢献するメンバーの一員として、色々な取り組みに参加し、積極的に情報発信していきます!

関連コンテンツ
close