北澤豪
TSUYOSHI KITAZAWA(きたざわ・つよし)

1968.8.10生まれ。東京都町田市出身、血液型はB型。
中学時代は読売サッカークラブ・ジュニアユースに所属。修徳高校卒業後、本田技研工業株式会社に入社。海外へのサッカー留学・日本代表初選出を経て、読売クラブ(現 東京ヴェルディ)で活躍(J1リーグ通算264試合)日本代表としても多数の国際試合で活躍した(日本代表国際Aマッチ 59試合)。03年現役を引退。現在は、日本テレビ系「NEWS ZERO」「シューイチ」にレギュラー出演中。人気ゲームソフト、コナミ「ウィニングイレブン」シリーズの解説も努める。また、社会貢献活動にも積極的に取り組み、サッカーを通じて世界の子ども達を支援できる環境作りを目指している。
(財)日本サッカー協会理事、(財)日本サッカー協会国際委員、JICAオフィシャルサポーターとしてサッカーのさらなる発展・普及に向けての活動を定期的に行っている。

メッセージ

僕はこれまで、世界各地でサッカー教室を開いてきました。サッカーにより子どもたちと一緒に過ごす時間を通じて、人同士の繋がりの距離がすごく近いということ、その繋がりの中で途上国の人たちが何かを感じて、未来の可能性に向かって一歩を踏み出そうとする彼らの力強さというものを実感しています。僕が活動を続ける理由は、いつも想像を超える貧しい現場に直面し、なんとかしなきゃいけないという気持ちから生まれるものです。すぐに解決できない問題もたくさんありますが、時間をかけて持続的にやっていかないと世界の平和というものはないのではと思います。僕にはサッカーを通してできることがあります。皆さんにも何か必ずできることがあるはずです。この「なんとかしなきゃ!プロジェクト」に、ぜひ参加していただければと思います。

関連コンテンツ
動画メッセージ
close