大日方邦子
KUNIKO OBINATA(おびなた・くにこ)

1972年東京生まれ。3歳の時に交通事故により負傷。右足切断、左足にも障害が残る。現在は義足と車いすを活用して、極めてアクティブな日常生活を送っている。高校2年の時にチェアスキーと運命的に出会い、スキーヤーとして歩み始める。1994年、リレハンメルパラリンピックでは初出場ながら5位入賞。1996年NHKにディレクターとして入局。1998年長野パラリンピックでは冬季パラリンピック日本人初の金メダルを獲得。その後もパラリピックへの挑戦を続け、日本選手団主将を務めたトリノ大会では、自身2つ目の金メダルを獲得。2007年、競技に専念できる環境を求めて(株)電通パブリックリレーションズに転職。2008年右肩脱臼という選手生命の危機に直面するが、2010年のバンクーバー大会に5大会連続出場を果たし、2つの銅メダルを獲得。パラリンピックで獲得したメダル数は通算10個(冬季パラリンピックでは日本人最多獲得記録)。同年9月、日本代表チームからの引退を表明。
現在は企業に所属しながら日本パラリンピック委員会(JPC)運営委員、日本パラリンピアンズ協会副会長、JOCアスリート委員会オブザーバー、日本障害者アルペンスキーチーム特別アドバイザー、厚生労働省社会保障審議会統計分科会生活機能分類(ICF)専門委員の任に就いている。今後は国内限定で競技活動を続行、アスリートとして挑戦を続けながら、後進の育成を目指す。更に、スポーツを取り巻く社会環境の改善に取り組む他、「誰もが安心して生きられる社会」を目指し、ユニバーサルデザインの普及にむけた活動に従事していく。国際協力の分野でも、途上国にも多く存在する障害者を支援したいと考えている。

メッセージ

皆さんは、世界で生きる人の10人に1人がなんらかの障害を持っていることをご存知ですか?そして世界中の障害者の約60%が開発途上国に住んでいるといわれています。さらに開発途上国の中では、貧困層の約20%がなんらかの障害を持っているのだそうです。障害があることと貧困は密接につながっています。このことを知ったとき私は「なんとかしなきゃ!」と強く思いました。正直に申し上げて、私自身、まだ開発途上国に集中している障害のある人たちの実情を十分に理解できていないと考えています。彼らが本当に必要としている支援とは何なのか、そして私にできることは何なのか。コミュニケーションをとることからスタートしたいと考えています。自分が身近に感じられるテーマから、国際協力について皆さんも考えてみてください。

関連コンテンツ
close