山下泰裕
やました・やすひろ(YASUHIRO YAMASHITA)

1957年6月、熊本県上益城郡矢部町生まれ。
1985年4月の全日本柔道選手権優勝を最後に現役引退するまで7つの引き分けを挟み203連勝の記録を持ち、全日本柔道選手権9連覇を達成する。1984年 ロサンゼルオリンピックでは、2回戦で軸足右ふくらはぎに肉離れを起こすも金メダルに輝いた。1984年国民栄誉賞を受賞、28歳で1985年現役を引退。1992年より、全日本柔道男子強化ヘッドコーチ、男子強化部長、強化副委員長・同連盟理事を歴任、2003年、国際柔道連盟教育コーチング理事に就任。2007年、紫綬褒章を受賞。その他多数受賞暦有り。
現在は、東海大学理事・体育学部長であり、認定NPO法人柔道教育ソリダリティー理事長、また神奈川県体育協会会長を兼務。海外への柔道普及、柔道を通して日本の心を伝え、様々な国の文化交流に関わっている。

メッセージ

柔道は、世界で最も多くの国と地域の人々に親しまれているスポーツの1つです。しかしながら、特に開発途上国においては柔道衣も十分に揃わず、練習環境に恵まれない選手たちが大勢います。
私は、こうした国々でも人々が平等に柔道を楽しめるように、柔道用品の寄贈や指導者の派遣、外国人選手の受け入れに取り組んできました。活動する上で大切にしていることは、柔道を通して日本の心を伝え、世界の人々の相互理解を進めるということです。
すべての柔道家に根ざす「自他共栄」の精神は、国際協力の世界にも通じるものです。なんとかしなきゃ!プロジェクトメンバーの一員として、これからもたくさんの同志とともに、柔道を通した国際貢献活動を続けてまいります。

関連コンテンツ
close