川井郁子
KAWAI IKUKO(かわい・いくこ)

ヴァイオリニスト・作曲家・国連UNHCR協会評議員。香川県高松市出身。
東京芸術大学卒業。同大学院修了。現在、大阪芸術大学(芸術学部)教授。ソリストとして国内外の主要オーケストラと共演。ラジオ「川井郁子のハートストリングス」(ニッポン放送)やテレビ「ミューズの晩餐」(テレビ東京系)でも活躍。「川井郁子Mother Hand基金」を設立、社会活動にも積極的に参加。08年には初のNYカーネギーホールでの公演でを果たした。今年アルバムデビューから10周年。秋からはロシアの世界的スターダンサー、ファルフ・ルジマトフとのオリジナルステージ「COLD SLEEP」(10月7~11日@新国立劇場)、アルバム発売、コンサートツアーを予定。

メッセージ

私は4年前に母親になってから、世界中のどんな離れた国の子どものことも他人事とは思えなくなり、その肌触りとか温もりまで感じてその子のことを見るようになりました。アジアやアフリカの難民キャンプに行くこともあるのですが、音楽を聴いてもらうというだけではなくて、実際に皆に会いに来た、遠くで心配している人たちがいる、というメッセージが子どもたちにとって大きな励みになっているように実感します。皆さんもぜひ、遠く離れた子どもたちにも、「私たちは応援している、心配している」というメッセージを送ってあげてほしいと思います。

関連コンテンツ
動画メッセージ
close