広島東洋カープ
HIROSHIMA TOYO CARP(ひろしま とうよう かーぷ)

1950年(昭和25年)市民の声を受け誕生し、戦後広島の平和と復興のシンボルとして市民の心を照らし続けるプロ野球球団。
親会社を持たない市民球団として結成され、老若男女を問わず多くのファンから愛されている。
2015年7月には野村謙二郎前監督をスリランカに派遣し、現地で野球教室を開催。内戦の爪痕残るスリランカでスポーツを通じた平和構築活動に貢献した。

メッセージ

(野村謙二郎前監督からのメッセージ)

世界各地で様々な活動をしている方の苦労や厳しさをスリランカに来たことで実感できました。今回の国際協力経験から素晴らしいものをいただくことができ、私自身これから勉強を重ね、私なりにできることを伝えていきたいと考えています。大きな事じゃなくてもいいと思います。気持ちでもいいですし、少しの寄付でもいいと思います。海外に行かなくても日本でもできる事もありますので、そういった活動に少しでも耳を傾け、皆さんの支援をいただければありがたいなと思っています。

関連コンテンツ
動画メッセージ
close