斉藤由貴
YUKI SAITO(さいとう・ゆき)

1966年、神奈川県生まれ。
1984年少年マガジン(講談社)第3回「ミスマガジン」でグランプリに選ばれる。テレビドラマでは「スケバン刑事」(CX)、「はね駒」(NHK)、「はいすくーる落書」(TBS)他、映画では「雪の断章?情熱?」、「恋する女たち」、「優駿-ORACION-」、「あ、春」など、舞台は1987年「レ・ミゼラブル」、1995・1997年「君となら」、2001・2002・2003年「フレンズ」、2006年「クラウディアからの手紙」、2009年「ゼブラ」、「斎藤幸子」などが代表作。女優活動のみならず、詩、小説、エッセイなど著作も多い。「卒業」、「夢の中へ」などのヒット曲も持つ。2006年「吾輩は主婦である」(TBS)、2007年「お・ばんざい!」(MBS)に主演、同年の金ドラ「歌姫」(TBS)、2008年「バッテリー」(NHK)、2009年TBS「小公女セイラ」、2010年テレビ朝日「同窓会」にレギュラー出演。ナレーションでは2001年からのTBS「小田和正 クリスマスの約束」ほか、ドキュメンタリー番組など、数多くの番組を務めている。

メッセージ

東アフリカの一角で起きた、この飢饉のことを知り、私も母親の一人として、何かできることはないかと考え、PR映像のナレーションをやらせていただきました。
もうすぐクリスマス。少しでも多くの子供たちが笑顔を取り戻せるよう、私に何ができるか考えてゆきたいと思います。
今日も地球の裏側で、小さな命が失われつつあることを、皆さんにも知ってほしい。そして小さなことでも、できることから、行動に移してもらえたら嬉しいです。ぜひSOS-Africa、“いいね”ボタンを押して応援してください。ひとりひとりの数が積み重なって、必ず大きなチカラになるはずです。

関連コンテンツ
close