有森裕子
YUUKO ARIMORI(ありもり・ゆうこ)

有森裕子

1966年岡山県生まれ。就実高校、日本体育大学を卒業して、(株)リクルート入社。バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラ ソンでは 銀メダル、銅メダルを獲得。2007年2月18日、日本初の大規模市民マラソン『東京マラソン2007』で、プロマラソンランナーを引退。 1998年 NPO「ハート・オブ・ゴールド」設立、代表就任。2002年4月アスリートのマネジメント会社「ライツ」設立、取締役就任。前・国連人口基金親 善大使。 現在、公益財団法人スペシャルオリンピックス日本理事長、他。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受 賞。同12月、カン ボジア王国ノロドム国王陛下より、ロイヤル・モニサラポン勲章大十字を受章。

メッセージ

私は、「走る」ことを通して国際協力に関わるさまざまな活動をしています。これまで多くの国々を訪問しましたが、活動を通じて、元気になる人たちを見ることができました。彼らの中には、自分たちの力だけでは自立できない人たちがいます。私たち一人ひとりが、思いとアイディアを持って、多くの可能性を見出して、皆で力を合わせることが大切です。国際協力に関心を持っていないという方がまだ多くいますが、「知らないこと」が問題なのではなく、知ってから「何ができるか」を考えないことが問題です。このプロジェクトを通して、一つでも、新しい「なんとかしなきゃ!」というものを知った方、自分なりのアイディアを持って、ぜひ一緒に始めてみませんか。自分も元気になります。そして途上国の人たちも元気になります。

関連コンテンツ
動画メッセージ
close