杏里
ANRI(あんり)

杏里(アンリ)
1978年に「オリビアを聴きながら」でデビュー。プロデュース、作曲、作詞、他のアーティストへの楽曲提供等も積極的に行うと共に、国内ツアーに加え、ハワイ公演7回、韓国公演2回のコンサートを成功させており、国内外において精力的な活動を行っている。1998年には、長野オリンピック閉会式では「故郷」を熱唱し世界にその映像が放映された。来年2013年には、デビュー35周年を迎える。

メッセージ

東日本大震災の後、石巻で行われた鎮魂祭で歌を歌ってきました。以前より被災者の皆さんの気持ちが和らいできたのかなという印象はあるのですが、時間が経つほどなおいっそう、災害の瞬間が忘れられないという方々もたくさんいらっしゃいました。

忘れる事をしては絶対にいけないと、心から思っています。それは世界に目を向けても同じです。世界には苦難に直面している人々がいます。この震災をひとつの日本の教訓として、そういった人々に対しても心を寄り添っていければと思います。私の音楽を可能な限りたくさん届けていきたいと思いますし、これからも音楽を通して出来る限りのことを続けていきたいと思います。

関連コンテンツ
動画メッセージ
close