森三中
MORI SAN CHU(もりさんちゅう)

黒沢かずこ・村上知子・大島美幸の3人からなる女性お笑いトリオ。1998年、NSC東京の4期生として出会い、トリオを結成。日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」など、バラエティ番組やCMに多数出演。2008年には歌手の中島美嘉と組んだユニット「MICA3CHU」としてCDをリリース。村上は2008年に「森三中 村上知子のカロリーオフレシピ」(ヨシモトブックス刊)を出版、大島は雑誌「ESSE」(扶桑社)で連載を持ち、
2010年公開の映画「クロサワ映画」では主演を務めた黒沢が第2回沖縄国際映画祭で
”Laghu” 部門 海人賞グランプリ・ゴールデンシーサー賞の2冠に輝くなど、個々でも活躍の幅を広げている。

メッセージ

大島:夫との旅行が好きで、タイやケニヤ、エジプトなど世界各地へ行きましたが、日本との大きな違いに驚かされることが多いです。スリランカへ行ったときなどは、子どもたちが何かを欲しがって群がってくるんです。何が欲しいのかと言うとボールペン。バッグの中にあったので、数本をプレゼントしたんですが、大喜びする子どもたちを見て、こんなに貴重なんだと気付きました。その時から、村上も黒沢も旅行にボールペンを持ち歩くようになりました。

村上:大島のボールペンの話を聞いて、私も日本との違いに気付かされました。世界では日本の常識とは違うびっくりすることが多いですね。さまざまな国際協力活動の話を聞けたのはいい機会でした。今後もこういった活動に関連した仕事も増えると思います。

黒沢:ブータンの田舎に行った時、女子高生から太っていてうらやましいと言われたことがあります。太りたくても太れないと言っていたのがすごく印象的でした。国際協力のボランティアはイコール「お金」というイメージを持ってしまいがちですが、現地での農業指導や教育活動など、物資を渡すことだけではないと思います。

関連コンテンツ
動画メッセージ
close