福留功男
NORIO FUKUTOME(ふくとめ・のりお)

福留功男

エクゼクティブ プロデューサー。
1942年1月28日、高知県生まれ。1966年3月に明治大学卒業後、同年4月日本テレビ報道局入社。1986年12月にギャラクシー賞(放送批評家懇談会が選ぶ)個人賞を受賞し、1991年3月、在籍25年の日本テレビを退社。
退社後は株式会社クレージーフォーを設立し、独立。1995年12月、ユーモア大賞受賞。 1997年6月、ATP賞(社団法人全日本テレビ番組制作社連盟が選ぶ)個人賞受賞。2005年4月、株式会社MEDIA FARM設立。
主な出演番組は、NTV「アメリカ横断ウルトラクイズ」(1976年~1991年/16年)、 NTV「全国高等学校クイズ選手権」(1980年~1990年/10年)、NTV「ズームイン!!朝!」(1988年3月~1998年8月/11年)、NTV「いつみても波瀾万丈」(1992年~2008年9月11日/17年)、TBS「ブロードキャスター」(1991年~2008年9月30日/17年半)など。
自伝である「葬らん!」(1997年7/18発売・発行:AG出版社)をはじめ、「はやい、うまいが僕の味 トメさんの料理ノート 」(1998年10/11発売・発行:文化出版局)、「ニッポンのごはんトメさんスペシャル」(2004年10/9発売・発行:ソニーマガジンズ)、「トメさんのこれが旨い!」(2005年6/10発売・発行:ソニーマガジンズ)など、多数の書籍も出版している。

メッセージ

近年環境問題で、アマゾン、ラオス、ボルネオ、バングラデシュなどを取材しました。そのすべてに日本企業が入りこんでいます。目的は「日本人の豊かな生活を支える為」です。熱帯雨林を伐採してパームオイルや大豆を作り、日本へ運んでいます。地球の生態系が猛烈なスピードで変化をしている今、日本人にできることは何か。それは大量生産、大量消費、大量廃棄の生活をやめることです。そんなに難しいことではありません。ポテトチップスを半分に減らし、シャンプーを3倍に薄めて使うだけでのも環境破壊を遅らせることがでるのです。今こそ何とかしなきゃ!

関連コンテンツ
動画メッセージ
close