藤井フミヤ
FUMIYA FUJII(ふじい・ふみや)

1962年7月11日、福岡県生まれ。1983年デビュー。
「TRUE LOVE」や「Another Orion」等ミリオンヒットを世に送り出し、あらゆる世代から支持を得る。弟・藤井尚之とのユニットF-BLOODや、10年連続の日本武道館カウントダウン公演等、精力的な活動は常に多くのファンを魅了してやまない。

2008年にデビュー25周年を迎え、ベストアルバム『15/25』や様々なアーティストとのコラボアルバム『F’s KITCHEN』を携えてのツアーを開催。2009年にはコラボアルバム第2弾『F’sシネマ』(参加アーティスト:奥田民生、河口恭吾、斉藤和義、HISASHI & TAKURO(GLAY)ほか)をリリース。全国ツアー『F’s CINEMA』は、フミヤ自身のアイディアによる映像演出とともにバラエティに富んだ楽曲を楽しむことのできる、見応え十分のツアーとなった。

2010年3?4月『Spring Fever』と題したツアーを開催。9月22日にはシングル「今、君に言っておこう」がリリースされる。本人が映画「おにいちゃんのハナビ」(同月25日より全国公開予定)の為に書き下ろしたこの作品は、主題歌として映画の中で描かれている家族の絆や人の心の温かさをより一層強く感じさせる重要な役割を担っている。11月から来年2月にかけての全国ツアーも決定。

メッセージ

人間は生まれたときは基本的にゼロだと思っています。どこで生まれようが、同条件で生まれてくる。ところが、生まれた時代とか、国とか環境で、全然違う育ち方をするし、違う人間になっていく。日本で困っている人たちもたくさんいると思いますけど、本当に困っている途上国と比べたらとても恵まれている。でも、不思議なのはどんな環境の子どもを見ても、それが難民キャンプの中でも、子どもたちは明るい顔をして遊んでいる。音楽というのは、学んで成長していく道徳観みたいなもの、愛というものをすごく教えやすかったりします。音楽というツールで、途上国で泣いている子どもたちを勇気づけたいですよね。

関連コンテンツ
動画メッセージ
close