酒井美紀
MIKI SAKAI(さかい・みき)

メッセージ

かつてテレビ番組でフィリピンの、ゴミ集積場で暮らしている方たちを取材しました。ある家庭では、お母さんも病気で、11歳の女の子が生計を立てていました。とはいえ、ゴミの中から、お金になるものを拾って売って収入を得ている状態ですので、1日50円とか100円しか稼げません。知識としてはいろいろなことを頭に入れてはいたのですが、そういう人たちが同じ時間に生きていて、同じ地球にいることを目の当たりにして、大変な衝撃を受けました。あまりの衝撃に何かアクションを起こしていきたい、そんなきっかけから、ワールドビジョンジャパンのチャイルドスポンサーに入り、現在は親善大使を務めています。世界には5歳まで生きられない子どもたちがたくさんいます。まだまだ皆さんのご協力が必要です。皆さんもぜひアクションを起こしてください。

関連コンテンツ
動画メッセージ
close