野口健
KEN NOGUCHI(のぐち・けん)

アルピニスト。1973年8月21日生まれ。36歳。高校時代に故・植村直己氏の著書『青春を山に賭けて』に感銘を受け、登山を始める。1999年、エベレストの登頂に成功し、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立。 また2007年5月にはエベレストを中国側(名称:チョモランマ)から登頂に成功。ネパール側ならびに中国側から登頂に成功したのは日本人では8人目である。
2000年からはエベレストや富士山での清掃活動を開始。以後、全国の小中学生を主な対象とした「野口健・環境学校」を開校するなど積極的に環境問題への取り組みを行っている。また2007年12月には大分県にて開催された「第1回アジア・太平洋水サミット」の運営委員として、「温暖化による氷河の融解」を取り上げる先導役を務め、各国元首級への参加を呼びかけた。
現在は、環境問題にとどまらず、第二次世界大戦時の日本兵のご遺骨の収集活動にも積極的に取り組んでいる。

メッセージ

アルピニストとして、これまで多くの国々を訪れましたが、エベレストなどに散乱するゴミを見て非常に考えさせられました。 2000年からは、エベレストや富士山での清掃活動をはじめ、全国の小中学生を対象とした「野口健・環境学校」を開校し、、環境問題への取組みを行なっています。 環境問題への取組みは、日本がかつて直面し、学び、乗り越えてきた課題でもあります。その経験を大勢の人たちに伝えていくことはできると思います。 国際協力やボランティアというと、もちろん相手のためでもあるけれど、それは最終的に自分のためにもなります。やりがいがあるし、楽しい。 世界の現状を知って、何かのために世界に出る。そんな人が少しでも増えればいいなと思っています。

関連コンテンツ
動画メッセージ
close