鳥山雄司
YUUJI TORIYAMA(とりやま・ゆうじ)

1959年生まれ。
1981年慶応大学在学中にセルフプロデュースによるソロ・デビューアルバムを発表。その後1996年にスタートしたTBS系ドキュメンタリー番組「世界遺産」にテーマ曲「The Song of Life」を提供、大ヒットオムニバスアルバム「image」にも収録され、自身の代表曲となる。
現在までにソロアルバム15枚、神保彰(ds)、和泉宏隆(key)とのユニット「PYRAMID」によるアルバム2枚を発表している。
また、アレンジャー、プロデューサーとしても松田聖子、吉田拓郎、葉加瀬太郎等を始め、クラッシック界の宮本文昭、ジャズ界の伊東たけし、タンゴの小松亮太等、幅広いジャンルのアーティストを数多く手掛ける。

メッセージ

音楽は色々な側面から人に希望を与える力があります。僕らができることは「音楽で幸せにする」ことに尽きると思いますね。例えば、インターネットで世界中に呼びかけて、音のデータを集めてひとつの音楽を作ること。これはとてもリーズナブルで、時間の制約も無く出来ることですよね。大勢で何かを作り上げたときの喜びが、国際協力への「無関心」から「関心」になる一歩だと思うんです。そういうことができないか、模索したいと思っています。

関連コンテンツ
動画メッセージ
close