ERIKO
ERIKO(えりこ)

ERIKO モデル・定住旅行家


鳥取県出身。東京コレクションでモデルデビュー。高校在学中、語学留学のためイギリス、アメリカ合衆国に滞在。高校卒業後、イタリア、アルゼンチン、ロシア、インドで語学習得のための長期滞在をきっかけに、様々な土地に生きる人達の生き方や生活を体感することに興味を抱く。スペイン語留学で訪れたアルゼンチンでの生活をきっかけに、ラテンの地と日本の架け橋になるという目的を持って、2012年から1年4ヶ月をかけて中南米・カリブ25ヶ国を旅した。現在モデルと並行し、「定住旅行家」として、世界の様々地域で、現地の人々の家庭で暮らすように旅を続け、人々の生き方や暮らしを伝えている。雑誌、CM、企業講演、トークイベント、国内外TV、ラジオなどメディア出演多数。著書「暮らす旅びと」(かまくら春秋社)    

 

<主な公職>

♦ 内閣府 平成28年青年国際交流事業の効果検証に関する検討会委員

♦ 観光庁 「若旅★授業」講師

♦ 鳥取県 とっとりふるさと大使

♦ 鳥取県 米子市首都圏観光大使

♦ 鳥取県 大山開山1300年祭 準備委員会 アドバイザー 

♦ 東京家政大学ゲスト講師

メッセージ

高校時代にイギリス、アメリカへ留学したことがきっかけで、語学と異文化が大好きになりました。モデルの仕事の傍ら、イタリア、アルゼンチン、ロシア、インドへ留学し、様々な言語を習得しました。

そんな語学留学の時に過ごしたホームステイの家族との生活体験で、もっと様々な場所に住む人達の生き方を知りたいと思うようになりました。

2012年~2013年は、中南米・カリブ25カ国を、「日本と中南米の架け橋」になるというミッションを持って旅に出ました。旅の間、これまで知らなかった、たくさんの日本のODA支援や国際協力の現場を目の当たりにしました。

そして、先進国に住むがために失いかけている、大切な心の豊かさや物質的ではない、人と人とのつながりなど精神的な幸せを感じる心の物差しを、改めて途上国から教わりました。今後も、自分の足で、様々な人達の生活や生き方に触れ、心の物差しを豊かにし、日本の皆さんにもそのことを伝えられるよう旅を続けて行こうと思います。

関連コンテンツ
動画メッセージ
close