NORA
NORA(のら)

10月28日生、東京都出身。
20歳、初めて訪れたニューヨークでサルサにフォールインラブ。23歳、本格的にサルサをやろう!と結成されたオルケスタ・デ・ラ・ルス。初ライブの観客は6人だった。貯めた70万円とデモテープを片手に、たった一人で中南米・アメリカを旅しながら営業活動を行った。

・・その後・・デビューアルバム「DE LA LUZ」(1990年)は米国ビルボード誌ラテンチャートで11週連続1位を記録。その活動は世界に認められ、国連平和賞の受賞、グラミー賞ノミネートのほか、日本レコード大賞特別賞の受賞(2回)、紅白歌合戦などにも出演。1997年にバンド解散したものの、2001年のテロ事件を受けて開催したチャリティコンサートを契機に再稼働。

2013年、サルサのスター歌手が集った Sergio George Presents Salsa Giantsのメンバーとしてレコーディングしたアルバムが、Best Salsa Albumでグラミー賞を獲得。現在は、バンド活動のほか、Salsa Giantsでの世界ツアーへの参加、様々なアーティストとの共演、音楽を通した国際交流を推進など、日本のみならず、世界の人に元気を届けるため、積極的に活動中。

メッセージ

オルケスタ・デ・ラ・ルスは2014年で結成30年を迎えました。歌と踊りがあれば、言葉が通じなくても繋がりあうことができる。これは、この30年間で体感してきたことです。音楽を通し、国境を越えて人と人を繋いでいけるような役割ができたらという思い、そしてそのことによって世界中が平和になればと言う願い、その思いと願いを胸に、微力ながらこのプロジェクトに参加させていただきます。

関連コンテンツ
close