「セカイプラス~なんとかしなきゃ!プロジェクト」のレポーターとして前回、スーパーフード「フリーカ」を通じた国際協力を体験した古関れん。今では、プライベートでフリーカを取り入れ、なんとフリーカの産地、パレスチナからメッセージが届いたとか!!今回は、そんな古関れんがさらなるフェアトレード女子を目指してJICA地球ひろばで開催中の企画展「食べるコト 生きるコト」を体験してきました。

地球ひろばとは?

世界が直面する様々な課題や開発途上国とのつながりを展示やイベントを通じて体感できるスポット。入場無料。詳しくはこちら www.jica.go.jp/hiroba/
■ 施設を案内してくれたのは…
地球案内人 村上 敦 さん
国際協力経験:ケニア共和国(青年海外協力隊)

あなたは今日、何を食べました?

企画展「食べるコト 生きるコト」では、私たちが生きるのに欠かせない食と栄養を通じて、世界の現状や課題を紹介しています。
取材当日、古関れんが食べたのは「もやし」だったそうですが、今回の企画展は、そうした私たちの身近にある「食」を入り口に、世界の食を体感し、国際協力を学ぶことができる展示です。

体験型展示にチャレンジ♪

身近な食べ物が運ばれてくる「距離」と「重さ」から知る「フード・マイレージ」を体験!

数字が示す「フード・マイレージ」は、地球温暖化にも影響を与えていくことに…。

展示はテーマ毎に3つのゾーンに分かれています。

熱心に展示をみる古関れん

開発途上国の人たちを示す「体型」にも世界の課題が…

すごろくを使って、栄養素と上手なおかいものを体験!

地球案内人・村上さんのガイドのもと、見て、さわって、聞いて、 フェアトレード女子への道を一歩先に進みました♪

自分で何かを読んだり、話を聞いたりするだけではなく、触れたり、動かしたりできる「体験型」の展示だったので、楽しく国際協力について学ぶことができました。 普段の暮らしで意識していなかったこと、不思議にすら思っていなかったことが、実は開発途上国の暮らしや環境問題と深く関係があったことに驚きました。 これからは安くモノを買うだけではなく、その先にある世界とのかかわりを大切にしていきたいと思います。夏休みの自由課題にもオススメ!大人も新しい発見に出会える場所ですよ!

JICA地球ひろば企画展
「食べるコト 生きるコト」

会期:2018年9月14日(金)まで

開館時間:10:00~20:00(土・日・祝日18:00閉館)

体験ゾーン(展示・相談スペース)休館日:第1・第3日曜日

入場無料

お問合せ:0120-767278 / 03-3269-9090