落ち込んでいるときやちょっと無理をしすぎたな
というときにこの曲を
あいみょん(シンガーソングライター)

「誰かを想う気持ち」は、時間も国境も越える。なんとかしなきゃ!プロジェクトでは、J-WAVE 81.3FMの番組「JICA MUSIC ANTHOLOGY」(毎週金曜日21:00-21:10)の放送内容を毎週ご紹介していきます。ご登場いただくみなさまには、音楽をとおして「誰かを想う気持ち」を語っていただいています。 今回のゲストは、シンガーソングライターのあいみょんさん。あいみょんさんが贈りたい音楽、贈りたい相手、そして、その背景にある想いとは?

JICA MUSIC ANTHOLOGY

 毎週金曜日 21:00~21:10 www.j-wave.co.jp/original/avalon/

※生放送番組のため放送時間は前後いたします。※特番編成などで休止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
なんとかしなきゃ!プロジェクトでは、さらに、JICA職員が語る
「途上国の人々を想う気持ち」を紹介する記事も公開しています。
詳しくはこちら→http://nantokashinakya.jp/jicastaff/list.html

あいみょんさんが贈りたい相手は……

私は、特定の誰かにということではなく、幅広く、仕事帰りの方だったり、なにかに疲れているような方に音楽を贈りたいです。たとえば、私が車に乗って音楽を聴いているときに、ふと外を見ると、俯いていたり、あからさまに疲れている表情をしている方をよく目にすることがあります。そういった方々に、この曲を耳元で聴かせてあげたいなって思うんです。

あいみょんさんが贈りたい音楽は……

贈りたい曲は、エレファントカシマシの「俺たちの明日」です。私自身は、正直なところ、これまで音楽に励まされると思ったりすることはあまりなかったんですけど、この曲は別なんです。本当に、車の窓を全開にして、外に流したいくらいの名曲(笑)。その時々の自分の境遇によって、ここまで音楽に励まされるのかって思わされる瞬間が何度もありました。とくに2番が良くて、<10代 憎しみと愛入り交じった目で世間を罵り 20代 悲しみを知って 目を背けたくって 街を彷徨い歩き>という歌詞なんて、自分自身の10代、20代とすごく重なる部分があって。グッときます。この音楽にまだ出会ったことのない人は、ぜひ出会ってほしいなって思うような大好きな曲です。

エレファントカシマシの「俺たちの明日」を贈りたい理由は……

私は、「誰かの背中を押したい」と思って曲を書くことはまずないんですけど、それでも、結果的に誰かの背中を押せていたらいいなという想いは持っています。だから、この詞を宮本さんはどんな想いで書かれているんだろうってすごく興味があるんです。宮本さんの書く詞や歌声からは、同じアーティストとしてちょっと悔しくなるほどの強さを感じます。なので、落ち込んでいるときやちょっと無理をしすぎたなというときに聴いたら、みなさんも励まされるんじゃないかなって思うんです。

2018年8月10日O.A

ゲストリストはこちらから!

なんとかしなきゃ!プロジェクトでは、さらに、JICA職員が語る
「途上国の人々を想う気持ち」を紹介する記事も公開しています。
詳しくはこちら→http://nantokashinakya.jp/jicastaff/list.html