あなたと世界に、ちょっと良いこと。セカイプラス by なんとかしなきゃ!プロジェクト
あなたと世界に、ちょっと良いこと。セカイプラス by なんとかしなきゃ!プロジェクト

MISSION17
MISSION17

【MISSION2】アンパンマンに匹敵!?水がない地域に水、そしてトイレを届ける活動【MISSION2】アンパンマンに匹敵!?水がない地域に水、そしてトイレを届ける活動

今回は、ひとりでミッション17の目標について調査せよ! ということなので、改めてSDGsの目標を見てみたんだけど、「これってどうやって達成するんだろう?」って悩んでしまうような、ちょっととっつきにくいテーマもあるんだよなあ……。
うーん……、どうしようかなあ…………。

1、2、3、4、5……あ!これは?「6.安全な水とトイレを世界中に」ならわかりやすそうかも!
日本ではあたりまえに使っている水とトイレだけど・・・・
よーし、専門家の方に話を聞きにいってみよう!

前回、スターバックス コーヒーを取材して、「コーヒー一杯を飲むことが、国際協力につながる」ことを学んだやつい隊長。
今回はSDGs目標6「安全な水とトイレを世界中に」について調査するため、開発途上国での水・衛生支援に取り組む国際NGO「ウォーターエイドジャパン」の事務所を訪ね、事務局長の高橋 郁さんに色々とお話をお伺いしてきました。

高橋さん

寒いなかわざわざ墨田区までお越しいただいてありがとうございます。

やつい隊長

実は、この辺りの銭湯によく来るんです。
とくにスカイツリーの見える銭湯がお気に入りで(笑)。

高橋さん

たしかに、この近所にはいっぱいありますからね(笑)。

やつい隊長

夕方過ぎが空いているのでおすすめですよ。

高橋さん

今度行ってみます(笑)。さて、今日は銭湯つながりというわけでもないのですが、お水のお話をさせていただければと思います。

高橋さん

実は現在、世界人口の約1割、約8億人が清潔な水を利用できないという状況にあります。
たとえば、マダガスカルの女の子たちは、往復1時間かかる場所まで1日5回も水を汲みに行っています。
しかも、それだけ頑張って歩いても、手に入れられるのは、水たまりや川の水ですから、衛生的とは言えません。
今日は、この写真の女の子が持っている20リットルのポリタンクをご用意したので、やついさん、ちょっと持ってみてくださいませんか?

やつい隊長

あー重い!

高橋さん

マダガスカルではこれを、同じ20キロくらいの体重の子供が運んでいたりもするんです。

やつい隊長

20キロってベンチプレスのウォーミングアップで上げる棒の重さと同じですからね。
まあでもベンチプレスって10回20回あげる程度だけど、彼女たちは5時間も。
というか、そもそも筋トレじゃなくて、生活のためにやっているんですもんね……。

高橋さん

そうなんです。
それから、こちらはウガンダの首都にある町のトイレの写真です。
この町には約2000人が暮らしているのですが、トイレはここに写っているものだけしかありません。
だからみんな野外で排泄するんですけど、そうすると、すぐに病気が流行ってしまいます。

次のページへ

ふとしたキッカケや出会いで、私たちの世界は広がります。あなたの好きな人や、憧れている人も、同じです。もっと世界のコトを知りたいと思ったなら、「なんプロ」サイトに、今すぐアクセス!

	ふとしたキッカケや出会いで、私たちの世界は広がります。あなたの好きな人や、憧れている人も、同じです。もっと世界のコトを知りたいと思ったなら、「なんプロ」サイトに、今すぐアクセス!

なんとかしなきゃ!
なんとかしなきゃ!

詳しくはなんプロへ!
詳しくはなんプロへ!