• なんプロとは?
  • 世界が見えるトピックス
  • 著名人一覧
  • アクションから選ぶ
  • アジア
  • 大洋州
  • アフリカ
  • 中米・カリブ
  • 南米
  • 中東・ヨーロッパ
  • メルマガ登録

世界の農業支援に目を向けてみませんか?<br />イチ押しBOOK&CINEMA

世界の農業支援に目を向けてみませんか?
イチ押しBOOK&CINEMA

みんなが毎日食べている食事。そのほとんどは世界の農業に頼っています。なぜなら日本の食料自給率はわずか40%、食べている食事のうち、40%しか日本ではつくっていません。あとはいろんな国から輸入してまかなっています。

 

だから、ある日突然、どこかの国から「自分の国を優先するので、もう日本には輸出しませんよ~」と言われたら、あなたの好きなものが食べられなくなってしまうかもしれません。もちろん、食料の値段もとても高くなってしまうでしょう。

 

また、農業がメインの開発途上国で農業がうまくいかなくなってしまったら、その国の多くの人は貧困におちいってしまいます。人口が増え続けているこの世界で、農業を支援することは、世界の平和につながるのです。

 

 

今回は、世界の農業支援に興味を持ったかも…という方に、オススメの本と映画をご紹介します!

 

 

BOOK

『国際協力の新しい風 ? パワフルじいさん奮戦記 -』

中田 正一 著 岩波書店 1990年刊

 

特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)

M.Y.さんイチ押し!

 

イチ押しポイント…

『海外での農業支援の体験記の古典。この本から世界を舞台に挑戦する素晴らしさや人を育てていくことの大切さを学びました。海外での農業支援の現場で壁にぶつかったとき、この本を読むと「自分がなぜここに来たのか」を思い出させてくれる一冊です』

 

BOOK

『稲作革命SRI 飢餓・貧困・水不足から世界を救う 』

J-SRI研究会 編 日本経済新聞出版社 2,100円(税込)

 

肥料・農薬・水・種もみを減らして収穫を増やす画期的なイネ栽培方法として知られる「SRI」。マダガスカルで生まれたこの農法により、“稲作革命”とも称されるほどの大きな成果を上げた地域もあり、今、飢餓や貧困、水不足に苦しむ人々を救う農業技術として国際的に注目されています。本書はSRIの特徴、普及の経緯、各国での取り組み状況・課題などを紹介。さらにSRIが地球環境や地域社会、人々にもたらす効果、日本における可能性についても検証しています。

 

CINEMA

『ありあまるごちそう』

 

この数十年、飢餓はなくなるどころか、増え続けるばかり―。国連食糧農業機関(FAO)によれば、2010年の飢餓人口は9億2,500万人に上る。なぜ、「餓え」はなくならないのか? 自然災害、紛争、HIV/エイズだけでは語れない、世界が“飢える”仕組みを明らかにしたのが本作です。1年間で途上国の5,000万人分に相当する食料が捨てられている食料廃棄大国・日本。 この国に生きる一人として、“ありあまるごちそう”の裏に隠された真実を見つめたい。

 

2005年/オーストリア/96分/

原題: WE FEED THE WORLD

監督: エルヴィン・ヴァーゲンホーファー

出演: ジャン・ジグレール、ピーター・ブラベック、カール・オトロック

 

DVD発売中

http://www.cinemacafe.net/official/gochisou/

関連トピックス