• なんプロとは?
  • 世界が見えるトピックス
  • 著名人一覧
  • アクションから選ぶ
  • アジア
  • 大洋州
  • アフリカ
  • 中米・カリブ
  • 南米
  • 中東・ヨーロッパ
  • メルマガ登録

\男女差別をなくしていこう/<br />「ジェンダー」の意味、解説します!

\男女差別をなくしていこう/
「ジェンダー」の意味、解説します!

3月8日が何の日か知っていますか?

実は、3月8日は、国連が決めた「国際女性デー」。これは、女性への差別をなくしていくことを目的に決められました。国際的な記念日なので、この日は世界のあちこちで関連のイベントが盛り上がります!

 

解決しなければならない世の中の問題のひとつに、ジェンダーにもとづく偏見や不平等があると言われています。その、ジェンダーって何でしょう?

 

ジェンダー(gender)とは、生物学的な性別(sex)に対して、社会的・文化的につくられる性別のことを指します。世の中の男性と女性の役割の違いによって生まれる性別のことです。たとえば、「料理は女がやるもの」って考えている人、いますよね?料理=女のシゴト。でも男で料理上手もいるのに?この性別がジェンダーです。

 

世界には学校にも行けず、読み書きや計算ができない女性がたくさんいます。途上国では、便利な家電が充実しているわけでも、ガス・水道・電気などの環境が整っているわけでもないので、女性の家事にかかる時間はとても長く、大きな負担になっています。途上国では、お母さんのからだや赤ちゃんが危険なくらい若いうちに妊娠したり、本人が妊娠したくないのに妊娠させられたり、女性に対する日常的な暴力だって存在します。

 

ジェンダーによる男女差別をなくして、ひとりひとりの実力がいかされて、安全で安心して暮らせる世の中をつくっていくことは、全世界の課題なのです!

 

 

ジェンダーの公平性が高い国は?~ジェンダー不平等指数~

国連開発計画という機関が発表する「ジェンダー不平等指数」は、保健分野、エンパワーメント、労働市場の3つから構成されていて、要するに、指数が高い国はジェンダーによる男女の差別があり、低い国は公平だというひとつの目安になる数字です。

 

この「ジェンダー不平等指数」を見ると、公平性がいちばん高いのはスウェーデン!オランダ、デンマーク、スイス、フィンランドなどヨーロッパの国が、ジェンダーの差別が少ないそうです。ちなみに日本は14位…↘

 

 

そしてジェンダー差別が多いのはイエメン。イエメンでは、男の人の中学~高校に通う率が24.4%なのに対して、女性はわずか7.6%!10人に1人にも学校に行けてないんです。そんな状況なので、もちろん女性の議員さんの割合は0.7%くらいしかなく、働ける年齢の女性のうちきちんとお給料をもらえるような仕事をしている割合は、男性74%に対して女性は20%くらいしかありません。

 

 

 

イエメンの次に不平等なのはチャド、ニジェール、マリ、コンゴ民主共和国と、アフリカの国々が続いています。

 

ジェンダー不平等指数(GII)

出典:UNDP 2011年版人間開発報告書

 

 

ジェンダー平等について興味がある人は見てみましょう!

国連ウィメン日本協会

http://www.unwomen-nc.jp/

 

UN WOMEN(英語サイト)

http://www.unwomen.org/en

 

国連開発計画(UNDP)

http://www.jp.undp.org/content/tokyo/ja/home/ourwork/womensempowerment/overview.html

 

WFP国連世界食糧計画 focus-on-women(英語サイト)

http://www.wfp.org/focus-on-women

 

国際協力NGO ジョイセフ(JOICEF)

http://www.joicfp.or.jp/jp/

関連トピックス