• なんプロとは?
  • 世界が見えるトピックス
  • 著名人一覧
  • アクションから選ぶ
  • アジア
  • 大洋州
  • アフリカ
  • 中米・カリブ
  • 南米
  • 中東・ヨーロッパ
  • メルマガ登録

もし、途上国の女の子だったら、<br />どんな生活なのか考えてみる。

もし、途上国の女の子だったら、
どんな生活なのか考えてみる。

途上国の女の子…いったい、どんな生活を送っているのでしょうか?

今回は、途上国の女の子に襲いかかる「ジェンダーの壁」、ご紹介します。

 

 

女の子の赤ちゃんは中絶する

南アジアでは、生まれてくる子どものうち、「女の子はお金を稼げない」「結婚するときにダウリー(持参金)が必要なのでお金がかかる」などの理由で、女の子は中絶の対象になりがち。女の子というだけで、生まれてくることを許されないことが多いんです。

 

 

 

 

家事で勉強する時間がない

水くみ、ご飯の用意、掃除、小さいきょうだいのお世話は女の子のシゴト。生活のほとんどの時間が家事にまわってしまって、勉強する時間はほとんどありません。家事をやらなければいけないことで、女の子に負担ばかりかかっています。

 

 

 

 

HIV/エイズ感染の危険性が高い

貧しい女の子は、HIV/エイズの正しい情報や知識がありません。そして性行為は男性主導、お金のために性産業で働かざるをえないという事情から、HIV/エイズ感染の危険性が高くなります。しかもエイズ患者や孤児の世話は女性のシゴトです。

 

 

暴力・人身売買の標的に

女の子は、家庭、学校、社会で暴力や虐待の対象になりがち。紛争が起こったら、“兵士の妻”にさせられたり、世話係として誘拐のターゲットにもなったりします。学校にも行けないまま、妊娠させられたりします。人身売買の業者に連れていかれて性産業や工場に売られることも!

 

 

女の赤ちゃんは死亡率が高い

男の子が病気になると病院に連れて行ったり薬を買ったりするのに、貧しい家庭では、女の子のときは何もしないことがあります。だから5歳まで生きのびることは、女の子にとって男の子より難しいのです。

 

 

中学・高校に行けない

将来、いい仕事を見つけてお給料をもらって、自由でハッピーな人生を送るには、まず学校に通って基本的な知識を身につけることが大切。でも、小学校に行く子どもは増えていますが、中学に進学する女の子はとても少ないのです。

 

 

仕事を探すことができない

家事や育児、老人の介護や看護など、お金にならないシゴトを女性は押し付けられます。職業訓練や農業訓練も、受けられるのはほとんどが男性のみで、女性は手に職を持つ機会がありません。収入がないから、家の中では立場が弱くなります。

 

 

早すぎる結婚と妊娠

10代で結婚させられる女の子たち。学校に通うこともできず、早すぎる妊娠・出産で死ぬことも。これは若すぎるから、だけではなくて子供を産むための知識があまりなかったり、不潔な場所で子供を産んだりすることも、死んでしまう原因のひとつです。

 

 

投票に行けない

家事におわれて自由な時間がない、外に出ることを自由にさせてもらえない、読み書きができないなどの理由から、多くの女性は投票など政治への参加ができません。もちろん、このような状況なので、女性の政治家も生まれにくく、女性の立場が改善するような政策も出てきません。

 

 

いかがでしたか?

日本では当たり前の、学校に通って勉強したり友達と遊んだり、シゴトしてお給料もらったり、自分の人生を自由に選べる途上国の女の子はとっても少ないのです。恋愛はもちろん、結婚出産も自分では選べません。もしもあなたが、途上国の女の子を助けたいと思ったら、プロジェクトに支援・参加してみましょう!

 

「世界の女の子に、生きていく力を。」

公益財団法人プラン・ジャパン

http://www.plan-japan.org/girl/join/

関連トピックス