• なんプロとは?
  • 世界が見えるトピックス
  • 著名人一覧
  • アクションから選ぶ
  • アジア
  • 大洋州
  • アフリカ
  • 中米・カリブ
  • 南米
  • 中東・ヨーロッパ
  • メルマガ登録

道端ジェシカ×山口誠史 対談【前編】<br />~物を贈るボランティアとは~

道端ジェシカ×山口誠史 対談【前編】
~物を贈るボランティアとは~

道端ジェシカ

1984年10月21日生まれ。福井県出身。モデル。数多くのファッション誌やテレビCM、広告など、さまざまなメディアでも活躍する一方、UNHCRへの難民支援を中心に、チャリティ活動に積極的に参加。国連UNHCR協会の継続支援「毎月倶楽部」での月々の寄付や、難民映画祭でのトークイベントへの登壇、雑誌でのチャリティオークションの企画、自身がデザインしたチャリティTシャツを通じての支援、blogやtwitterでの呼びかけなど、同世代へ向け、自身の声で発信していく活動を続けている。

 

山口誠史

国際協力NGOセンター・元JANIC事務局長

1956年埼玉県生まれ。立教大学経済学部卒業後サラリーマンを経て、85年日本国際ボランティアセンター(JVC)のボランティアとしてソマリアへ赴任。87年JVC神奈川事務所代表、96年JVCカンボジア事務所現地代表を歴任。01年より10年3月までシェア=国際保健協力市民の会事務局長。

 

 

ボランティアに興味はあるけれど、開発途上国に行ったり、定期的なボランティア活動に参加したりするのはちょっとムリ…。そんなあなたに朗報!実は、いますぐできるボランティアがあるんです!

 

それは、身の回りにある物を途上国に送ること。

ほとんど着ないのに「いつか着るかも…」と保存している服、ありませんか?なんとなく捨てられず保管しているランドセルや、余った切手、書くのを失敗しちゃったハガキが家のどこかに眠っていませんか?

 

使わなくなった物を集めて、開発途上国で必要としている人に届けるボランティアがあります。誰にでもできる「物を贈るボランティア」について、なんとかしなきゃ!プロジェクトメンバーの道端ジェシカさんと、国際協力NGOセンター(JANIC)の元事務局長を務める山口誠史さんの対談を通じてご紹介します!

 

 

国際協力を始めたきっかけ

山口:ジェシカさんは、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)「毎月倶楽部」のサポーターとして活躍されていますが、国際協力の活動をするようになったきっかけはなんですか?

 

道端:母がチャリティやボランティアに熱心だったことがきっかけです。私が二十歳になった頃、母から手渡された資料の中に、UNHCR毎月倶楽部の資料がありました。それ以来、毎月倶楽部に毎月一定の金額を寄付しています。この他にも、初めて挑戦したトライアスロンを通じて「Just Giving」というチャリティに参加したり、自分が着なくなった洋服をチャリティオークションにかけたりして、集まったお金をUNHCRに寄付しています。

 

山口:要らなくなった物を換金して国際協力に役立てることも国際協力の重要なツールのひとつですが、着なくなった服などの物をNGOやNPOを通じて開発途上国に送ることも国際協力のひとつですね。

 

 

送る時は使う側の状況も考えて

道端:物を送るときに気をつけるべき点はありますか?

 

山口:はい。それを私はソマリアの難民キャンプで学びました。私がソマリアで初めてボランティア活動に参加したとき、現地で日本から届いた毛布を難民に配る手伝いをしました。日本から届いた毛布は品質も状態も良いのですが、現地の人々が日本の毛布はすぐに使えなくなると口々に言うんです。難民キャンプでは、人々は屋根がないところで生活していたので、雨が降ると毛布が濡れてしまいます。欧米から送られてきた毛布は、軍隊が使うような丈夫な毛布で、防水加工もされているので雨が降っても平気です。海外から真心こめられて届いた物であっても、それが受け取る側の状況によっては効果的でないことがあるんです。

 

道端:物を送るときには、使う側の状況を考え、彼らの立場になることが大切なんですね。着なくなった洋服を送るときも、ボロボロになったから、要らなくなったからという、物を処分するような気持ちではなく、身につけてもらうための贈り物として送る気持ちは大事ですよね。物を送るときには、それを手に取った人が、少しでもハッピーになれるようにという気持ちが伝わるように、私も送りたいと思います。

 

山口:使わなくなったから途上国の貧しい人にあげるという安易な気持ちではなく、受け取り手が本当に使えるものか、パートナーという同等の立場で考えること、自分がたまたま余分に持っているものを使っていただくという気持ちを持つことは大切ですよね。

 

 

捨てるのはもったいない!でも、実際はほとんど使ってない…。

そういう物を送って途上国の人に喜んでもらえたら、自分も嬉しいですよね。使ってなかった荷物が、喜んで使ってもらえる大切な物に変わる。お互いハッピーな、簡単にできるボランティアだと思いませんか?

 

道端ジェシカ×山口誠史 対談【後編】へ続きます。

関連トピックス