• なんプロとは?
  • 世界が見えるトピックス
  • なんプロサポーターの活動
  • 学生レポーター発信中!
  • アクションから選ぶ
  • メンバー団体情報
  • メルマガ登録

「特別連載 来て見てわかる!アフリカ:ジブチ編 第3回」

「特別連載 来て見てわかる!アフリカ:ジブチ編 第3回」

2016年は第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)が開催される年。「世界が見えるトピックス」では、国際協力機構(JICA)が派遣する「青年海外協力隊」が、住んでいるからこそわかる、アフリカの生の情報をお届けしていきます。8か国目はジブチです。

 

 

「ジブチのお土産と言えば」

アッサル湖

アッサル湖

寄稿者: 青年海外協力隊 石亀 左知子(職種:小学校教育)

みなさん、こんにちは。今回はジブチに来た旅行者や協力隊員がお土産によく買って帰るものを紹介したいと思います。
ジブチにはアッサル湖という塩湖があります。有名な観光名所となっており、旅行者が数多く訪れます。火口湖であるため、周りの風景は火山岩で囲まれ全体的に茶色いですが、その中でアッサル湖だけは青く透き通りとても幻想的な風景をみることができます。

 

 

 

アッサル湖で買える塩

アッサル湖で買える塩

そして、そこの特産品として知られるのがアッサル湖の塩です。時期によって塩の大きさがかわるのですが、最大でピンポン玉位の大きさの塩があります。値段もお手頃で、一袋200DJF、日本円で約125円程度で買うことができます。塩を作成している現地人にとって大切な収入源にもなっています。隊員にもとても人気で、必ずみなさん購入して帰国後のお土産にしています。

 

 

 

 

 

ドクターフィッシュ

ドクターフィッシュ

また、実はこのアッサル湖、世界一塩分濃度が高いため、湖に入って浮いて雑誌を読むこともできます。また、近くには天然のドクターフィッシュがいる湖があり、さらに火山活動が活発なため、温泉が噴き出し、温泉卵を作ることもできます。アッサル湖には魅力的なお土産だけでなく他にも観光できる場所がたくさんあります。

 

 

是非ジブチに来た際には立ち寄り、アッサル湖を堪能し、お土産に塩を買って帰ることをお勧めします!

 

 

 

関連トピックス