• なんプロとは?
  • 世界が見えるトピックス
  • 著名人一覧
  • アクションから選ぶ
  • アジア
  • 大洋州
  • アフリカ
  • 中米・カリブ
  • 南米
  • 中東・ヨーロッパ
  • メルマガ登録

コーヒー発祥の地、エチオピアではコーヒーに塩を入れちゃう!

コーヒー発祥の地、エチオピアではコーヒーに塩を入れちゃう!

大手コーヒー企業とも契約しているコーヒーの産地、エチオピア。東アフリカに位置するこの国は、主要産業は農業で、なかでもコーヒーがとても有名です。実はこのエチオピアでは、コーヒーに塩を入れて飲むことが当たり前だそうです。コーヒーの苦みに塩味をプラス…砂糖やミルクで苦みをマイルドにすることに慣れている日本人にとっては、ちょっとびっくりしてしまう飲み方です。けれど、香りの高いエチオピアコーヒーにほんのひとつまみ塩を入れると、香りが引き立ちコーヒーの美味しさが際立つのだとか。コーヒーの産地ならではの、豆の長所を引き出す飲み方なのですね。

 

 

海岸線を持たず、険しい高原地帯にある国

険しい高原地帯エチオピアの首都はアディスアベバ。なんと、首都なのに標高は2400メートルにも達します。富士山なら富士宮ルートの五合目が同じくらいの高さ。海に接していない内陸の高地にエチオピアは位置しているのです。コーヒーの育成は標高が高い方が適していると言われており、コーヒーの生産が盛んなのもそのためです。高原地帯のため、気候は一年を通して安定しており、季節ごとの寒暖の差もなく気温17℃くらいと過ごしやすい国です。ただしエチオピアの北東部にあるダナキル砂漠は海抜マイナス100メートルの盆地であり、夏場は50℃にもなる世界一過酷な環境とも言われています。
エチオピアは雨にも恵まれており平らな高地は農業に適していますが、その代わりに雨による浸食によって深い谷や切り立った崖も多いのが特徴です。そのため交通整備に向いておらず、未だにインフラは遅れたままの状態が続いています。

 

 

日本の茶道によく似た文化、コーヒー・セレモニー

コーヒー・セレモニーコーヒーを飲むのが伝統的な習慣であるエチオピア。日本の茶道のように、コーヒーを飲むこと自体を儀式としたのが「コーヒー・セレモニー」と呼ばれる作法です。この習慣は、客人をコーヒーでおもてなしするために、淹れ方に独特のルールがあります。なんと、コーヒー豆を水で洗うことから始まり、きれいになったコーヒー豆を炒って粉状にし、それからコーヒーを淹れるのです。生の豆から始めて、コーヒーを3杯淹れるのが作法のコーヒー・セレモニーは、2~3時間かかるのが当たり前。時間をかけてゆっくりとコーヒーの美味しさとゲストとの会話を楽しむのです。独自の作法をもって客人をもてなすのは日本の茶道と変わりありませんが、コーヒー・セレモニーとの違いは、主に女性が執り行うところ。そしてセレモニー中は世間話をしながら賑やかに楽しむところも大きな違いと言えるでしょう。
コーヒー・セレモニー中はお香が焚かれ、おつまみとして小麦でできたパンやポップコーンなどが出されます。このあたりも香を焚いてお茶菓子を出す日本の茶道によく似ています。日本から遠く離れたアフリカの国にも、身近な飲み物を作法として嗜む風習があるのですね。

 

 

 

関連トピックス