• なんプロとは?
  • 世界が見えるトピックス
  • なんプロサポーターの活動
  • 学生レポーター発信中!
  • アクションから選ぶ
  • メンバー団体情報
  • メルマガ登録

インスタ映え間違いなし!魅力あふれるミャンマー

インスタ映え間違いなし!魅力あふれるミャンマー

取材・文責:学生レポーター 岩田夏実

取材・文責:学生レポーター 岩田夏実

 

 

目の覚める色合いのドラゴンフルーツと、強烈なにおいを放つドリアン

「ミンガラ―バー(ミャンマーの言葉(ビルマ語)で、こんにちは)!」
東南アジアで近年注目されている、ミャンマーという国を知っていますか?
タイやラオスの隣に位置し、日本から直行便で約8時間。シュエダゴン・パゴダやバガン遺跡など、思わず写真をとりたくなるような美しい観光スポットがたくさんあります。
現地の食べ物もとても美味しく、タイ料理や中華料理と似ていて、スパイスが使われた辛い料理や、独特な香りのする料理など様々でした。特産のナッツを使ったお菓子も、思わず笑みがこぼれるような味でした。また、スイカやマンゴーなどのフルーツも手軽に購入することができます。

 

 

ボージョーアウンサンマーケットでお買い物

歩いているだけで楽しい気分になる市場内

ミャンマーといえば、民主化に貢献したアウンサンスーチーさんを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。そのお父さんの名前に由来したのが、この市場。衣類や宝石、かばん、食品などをお手頃価格で買うことができます。

 

綺麗な布がひしめくロンジー販売店

男女ともに、地元の人が使っている巻きスカートは、ミャンマーの民族衣装で、「ロンジー」といいます。誰でも簡単に身に付けることができ、1着8000チャット(800円ほど)で売られていました。生地や柄などもバリエーション豊か。私は、金色の花の刺繍が施されているロンジーを買いました。皆さんもミャンマーを訪れる際には、市場で購入して着てみてはいかがでしょうか。

 

 

ミャンマーの化粧品「タナカ」

ほっぺに注目!白い塗り物がタナカ

タナカの原料は木。すりつぶして作っているそうです

人の名前?と勘違いしてしまう「タナカ」。ミャンマーでは有名な化粧品で、お土産としても人気があります。色は黄色や茶色、白などで、頬に塗るとひんやりします。ニキビ予防や日焼け止めのために塗っているそうです。
私もタナカをたっぷり塗ってスーパーマーケットを歩いてみたところ、店員さんにビルマ語で話しかけられました。タナカを塗れば、ミャンマーの人たちと仲良くなれるかもしれません。

 

 

ミャンマーの自動車事情

サービスエリアの風景。タナカを塗った人々がフルーツなどを売っています

ヤンゴンの道路を見渡してみると、そこには日本車ばかり。中には幼稚園バスなどの姿もありました。2011年以降、日本の中古車の輸入が急増し、今では登録されている車の9割にも及びます。地元の人たちに聞いてみると、その人気の理由は、性能の高さだということです。
ちなみにミャンマーでは、都市部でのバイク使用が禁止されているため、ベトナムやタイのような、バイクで埋め尽くされた光景はありません。また、近年高速道路が開通し、大変便利になったということです。ミャンマーにもサービスエリアがあり、売店やレストランも充実していました。

 

 

寝釈迦像が見れる、シュエターリャウン

いかがでしたか?
ミャンマーを訪れ、様々な伝統文化を味わい、また同時に、成長著しい途上国の大きなエネルギーを感じることができました。
皆さんも、一味違う海外旅行を楽しむため、ミャンマーを訪れてみてはいかがでしょうか?

 

ミャンマーをもっと知りたい方はこちらから
http://nantokashinakya.jp/sekatopix/article0112/

 

 

 

関連トピックス