• なんプロとは?
  • 世界が見えるトピックス
  • なんプロサポーターの活動
  • 学生レポーター発信中!
  • アクションから選ぶ
  • メンバー団体情報
  • メルマガ登録

世界が見えるトピックス 特集

映画『判決、ふたつの希望』コラボ企画① 大学生×JICA職員座談会

◆映画予告編
https://youtu.be/GrTlVv2YMlQ

 

 

2018年8月31日、一本の映画が日本で封切りになります。タイトルは『判決、ふたつの希望』。第90回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたこの作品は、中東の国レバノンの首都ベイルートを舞台とし、キリスト教徒のトニーと、パレスチナ難民ヤーセルとの間におきた些細な口論が、法廷闘争、やがて国を揺るがす騒乱にまで発展していく物語です。
「なんとかしなきゃ!プロジェクト」は、この映画の配給会社ロングライドとコラボし、作品の魅力に迫るとともに、日本人にとっては馴染みの薄い国レバノン、パレスチナ難民問題、そしてJICAによる支援などを紹介します。
第一弾企画は、映画を鑑賞した学生6名とJICA職員の座談会。映画を通じて感じ考えたこと、疑問に思ったこと、日本との関係などについて、深堀りしていきます。

 

【コラボ企画第二弾 ジアド・ドゥエイリ監督インタビューはコチラ

 

 

座談会の様子

 

 

 

 

―まずは映画の感想について聞かせてください。
光田:最初は、主人公のトニーとヤーセルが、なぜお互いにそこまで怒るのか、意地をはるのかがわかりませんでした。小さな衝突が裁判になってしまったことも疑問で。でも、映画を見ていくうちに、二人の背景を知って、だからこそ感情的になってしまったのだと理解できました。
福田:私もそうです。トニーとヤーセルが些細なことで口論になったのは、背負っているもの、トラウマの大きさが原因だと思います。そこに、とても人間味を感じたというか、親近感を覚える映画でもありました。
村中:裁判のシーンで、レバノン人のトニーと、パレスチナ難民のヤーセルの家族や友人が、自分ごとのように感情的になって参加しているのが印象的で、民族の強い絆を感じました。
JICA田中:私はJICA職員として、これまで主に中東関係の仕事をしてきていまして、国連機関に出向してパレスチナに駐在したことや、出張でレバノンに行ったこともあります。この映画では、レバノン人だったら怖くて言えないようなセンシティブな台詞が、遠慮なくたびたび出てきたことに驚きました。レバノンはもともとの人口が約400万人のところ、45万人ものパレスチナ難民が住んでいます。その背景には少なくとも18宗派からなる複雑な社会構造と、それゆえの歴史があり、これまで、何千人、何万人という人たちが命を落としてきました。そういう、非常に難しいバランスの上にある国ですので、ジアド・ドゥエイリ監督は勇気ある挑戦をされたんだな、という印象です。
ショウレイ:私は映画から、人間は誰しも、いろいろな不幸や幸運を背負っているのだと思いました。だからこそお互いに尊敬し合わなければならないと。でもそれを差別してしまうのも、人間の共通点だと思います。やっぱり、他の人の気持ちを考えなければいけないですよね。
亀井:僕も映画を通じて、トニーもヤーセルも優しいところがあるのに、自分の背景にあるもの、歴史の影響で対立してしまっていて・・・。国民や民族である前に一人の人間であるのかが試されているのかもしれない、と感じるシーンがたくさんありました。
二宮:私もパレスチナの問題を、なんとなく理解しているつもりでしたが、映画を見てわからないことがたくさんあり、自分で調べながら鑑賞しました。でもそういう意味では、レバノンやパレスチナの問題に、今までよりも深く関わるきっかけを与えてくれる映画でした。

JICA 田中:1948 ~1949年の第一次中東戦争により発生したパレスチナ難民の数は、70~75万人にものぼったと言われています。彼らは現在のヨルダン川西岸地区、ガザ地区、ヨルダン、シリア、レバノンなどに移り住み、現在その数は500万人を超え、丸70年の間、ずっと難民のままです。
そして、レバノンのパレスチナ難民は、シリアやヨルダンと違って、市民権が大きく制限されているといわれています。たとえば、レバノンのパレスチナ難民には就業の制限があり、医療や法曹関連の仕事には就けません。就業許可をとることが困難です。また、土地を買うことはできず、教育などの社会サービスを受けるにも料金は外国人設定で高い(ほかのアラブ諸国ではパレスチナ難民は外国人扱いになっていない)。このように、レバノン国内におけるパレスチナ難民の社会統合には課題があり、その理由の一つは、パレスチナ難民のほとんどがイスラム教スンニ派で、数が多いことにあるとも言われています。多数の異なる宗派が危ういバランスをもって混在しているレバノン社会において、パレスチナ難民は、宗派の均衡上、非常に繊細な存在になります。とはいえ、パレスチナ難民が故郷に帰還することも非常に難しい問題です。彼らが帰るべき場所にはイスラエルという別の国がありますので、帰りたくても帰れない。

光田:難民キャンプって、だいたいどのくらいあるんですか?
JICA 田中:12か所あります。そこに約半数が暮らしているわけです。
村中:国の中に、もう一つ違う国がある、というイメージですか?
JICA 田中:まさにそれに近いとも言えますね。難民キャンプの中は自治となっています。レバノン国軍や警察もほぼ入れない。また、一つの難民キャンプの中で異なる政治グループが複数存在しているところもあります。私は仕事で行きましたが、貧しい人が多く、治安の悪い地域もあります。
―では、レバノンやパレスチナ難民キャンプへの支援というと、日本やJICAはどんなことをしているのでしょうか。

JICA 田中:映画にズバリ出てくるわけではないですが、レバノンのパレスチナ難民キャンプの下水網をJICAが整備した実績があります。そのきっかけは、レバノン政府がレバノン南部の街の下水網を、日本政府からお金を借りて(円借款)整備したことでした。それで、レバノン政府が地域全体の下水網を改修したんですが、その中に位置していたパレスチナ難民キャンプは対象外でした。キャンプはレバノン政府の管轄下ではないのです。そこでJICAが、パレスチナ難民を支援する国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)と連携して、この難民キャンプの下水網を無償で整備したわけです。

亀井:そんな支援をJICAがしているなんて、知らなかったです。JICAの活動は、中東でも評価されているのですか?
JICA 田中:高く評価されています。日本人は現地の人からも受けがよく、すぐに友達になれますよ。歴史的に中東問題に責任を持たない日本が支援していることが、すばらしい人道主義だと言ってくれます。その意味では、日本の支援と欧米諸国の支援は、中東地域の人々にとって、全く異なって受け止められていることを感じました。それから、日本企業も頑張っていて、日本製品の技術力の高さ、確かさが、日本人全体の評判を高めているようです。
さらに、個人的な意見ですが、ヨルダンやかつてのシリアなどでは、JICAの青年海外協力隊やシニア海外ボランティアが、現地の人たちと手に手をとって一緒に仕事をし、一人一人が献身的に、誠実に、正直に活動してきたということが、信頼を勝ち取ることにつながったのではないかと感じています。

―それでは、最後にこの座談会を終えての感想や考えたことを教えてください。
村中:今日話を聞いて、レバノンの歴史やパレスチナ難民問題の背景を詳しく知ることができ、すごくよかったです。映画をもう一度見たい、と思いました。
二宮:映画を見て、そしてこの座談会に参加して、人を、パレスチナ人だから、レバノン人だから、といった国籍で判断するのではなく、それぞれ背負っているものがあるということを考え続けなければいけないなと、すごく思いました。
光田:私も、これからいろんな国の人に出会っていくと思うので、そのときに「あの国の人だから・・・」ということではなく、個人を見て「この人はこういう人なんだ」という目で感じていきたいなと思いました。
福田:私は映画を見たときに、トニーの妻が彼のことを「新しいものを受け入れられない頑固者だ」と言っていたことが印象に残ったのですが、今日の座談会に出席して、彼には頑固者でいなければならない理由、歴史的背景があったということが、よくわかりました。とても良い勉強の機会でした。
亀井:今日お話を聞いて、中東地域が複雑な問題を抱えているということ、映画に対して自分が疑問に思っていたことが、少しだけ解ったような気がしました、また、JICAが中東地域で活動していることを聞けて、僕個人ではできないけれど、日本が組織として取り組んでいることは、日本人の一人として誇りに思いました。
ショウレイ:私もJICAの活動について聞くことができて、よかったです。難民問題に関心をもっているので、ボランティア活動に参加出来たらいいなと思いました。
JICA 田中:映画の背景にある中東の歴史、現在の状況などを少し補足することで、皆さんがこの映画をより深く楽しめることができれば、私も嬉しいです。
私はこの作品、ほんとにいい映画だと思います。人と人とがコミュニケ―ションをとるうえで、何が大事なのかということを教えてくれる素晴らしい作品だと。
これから国際社会に出ていこうとしている皆さんのような若い方々は、今まさに貴重な素養を身に着けようとしているところだと思いますので、こういう作品をみて、自分の心の肥やしにしていっていただければと思います。今日はありがとうございました。
学生さんたち:ありがとうございました!

© 2017 TESSALIT PRODUCTIONS – ROUGE INTERNATIONAL – EZEKIEL FILMS – SCOPE PICTURES – DOURI FILMS

映画「判決、ふたつの希望」についての詳しい情報は公式HPをチェックしてみてください!

 

◆「判決、ふたつの希望」公式HP

http://longride.jp/insult/

 

 

関連トピックス