• なんプロとは?
  • 世界が見えるトピックス
  • 著名人一覧
  • アクションから選ぶ
  • アジア
  • 大洋州
  • アフリカ
  • 中米・カリブ
  • 南米
  • 中東・ヨーロッパ
  • メルマガ登録

魅力的な国々が加盟するASEAN~さらなる交流を目指して~

魅力的な国々が加盟するASEAN~さらなる交流を目指して~

日本とアジアの国々は、歴史的にも経済的にも深いつながりがあります。2013年には「日・ASEAN友好協力40周年」として、政治、経済・文化・青少年交流、観光など幅広い分野で記念の交流事業が行われました。

 

 

ASEANとは

“ASEAN/アセアン”という名称を、学校の授業や新聞・TVなどで聞いたことがある方も多いと思いますが、実際はどの国のことを指しているのでしょうか。
ASEANは、東南アジア諸国連合(Association of South‐East Asian Nations)の略称です。1967年の「バンコク宣言」によって設立された、タイ、インドネシア、シンガポール、フィリピン、マレーシアの5カ国からなる東南アジア連合(ASA)から始まり、その後ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジアが加盟し、現在は10カ国で構成されています。

 

なお、ASEANの人口は約6億人。EU(欧州連合)やNAFTA(北米自由貿易協定)よりも人口では上回っています。また、経済成長力についても過去10年間に高い成長を遂げており、世界でも「成長センター」としての期待が高まる注目のエリアです。

 

●加盟国は10カ国
タイ、インドネシア、シンガポール、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジア

 

●ASEANについて

外務省 アジア ASEANページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/asean/

 

日本アセアンセンター アセアンについて
http://www.asean.or.jp/ja/asean/know/base.html

 

 

日本とASEANの関係

では、日本はASEANとどのように関わっているのでしょうか。
日本は1973年に開催された「合成ゴムフォーラム」による対話から始まり、1977年には「日・ASEANフォーラム」が開かれ、日本とASEANの交流が本格化。同じ年に「日・ASEAN首脳会議」も開催されるなど、日本はいち早くASEANとの交流を深め、協力関係をスタートさせています。

 

さらに、日本とASEANは人、文化の交流も盛んに行われています。美しいリゾート地や世界遺産など、魅力的な観光地を持つASEAN。距離の近さもあって、日本人の旅行先として人気が高く、タイ料理やベトナム料理など豊かな食文化を持つASEANの料理は、日本人を惹きつけてやみません。そのためASEANには、年間約320万人(2009年)の日本人が訪れています。また、アニメやJポップなどの日本のポップカルチャーがASEAN諸国では大人気です。

 

経済についても日本とASEANは重要なパートナー。日本のメーカーがASEAN諸国に工場を次々と立ち上げているのを耳にしたことはありませんか?日本にとってASEANは中国、米国、EUと並ぶ貿易相手であり、ASEANは日本の最大の投資先でもあります。一方、ASEANにとっても日本は中国、米国に並ぶ貿易相手国。日本とASEANの関係はお互いになくてはならないパートナーとして、重要な存在なのです。

 

また、日本はASEANへの最大のODA(政府開発援助)支援国。独立を果たしたASEAN諸国の国づくりのために多大な支援を行い、道路などのインフラや学校、病院といった生活基盤の整備、遺跡修復など幅広く行ってきました。近年はメコン領域(タイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)などの地域の整備や人材育成に力をいれて支援しています。

 

外務省 わかる国際情勢!
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol64/

 

日本アセアンセンター ASEANと日本の関係
http://www.asean.or.jp/ja/asean/know/relation.html

 

日本アセアンセンター 日本人旅行者の推移
http://www.asean.or.jp/ja/asean/know/statistics/6/pdf/5-5.pdf/at_download/file

 

日本アセアンセンター ASEAN日本統計集
http://www.asean.or.jp/ja/asean/know/statistics.html

 

JICA 各国における取り組み
http://www.jica.go.jp/regions/asia/index.html#seasia

 

 

世界が注目する!ASEAN経済共同体の実現

ASEANは、2015年までに「ASEAN経済共同体」の発足を目指しています。「ASEAN経済共同体」とは、10カ国の連合国が1つの経済共同体となり、経済の自由化を図るというものです。

 

ASEANの人口は約6億人。EU(欧州連合)の5億人やNAFTA(北米自由貿易協定)の4.5億人を上回る巨大な市場となります。これによりASEANはさらなる成長を遂げ、日本とのかかわりはさらに強いものとなるでしょう。

 

 

 

経済産業省 東アジア経済統合の取組~ASEAN
http://www.meti.go.jp/policy/trade_policy/east_asia/activity/asean.html

 

 

日本とASEANの架け橋~日本アセアンセンター

日本アセアンセンターは、ASEAN加盟国政府と日本政府によって1981年に設立された国際機関。ASEAN から日本への輸出の促進、日本とASEAN諸国との観光・交流を目的に、ASEAN 商品の展示・商談会や各種セミナー、ワークショップの開催、人材育成、ASEAN 文化交流イベント、各種出版物の発行や情報提供など、数多くの事業を行っています。

 

総合インフォメーションセンターでは、資料や旅行ガイドなども自由に閲覧可能!東南アジアの雰囲気を伝えるASEAN産のインテリアに囲まれて、ゆっくりとASEANについて学んでみませんか?

 

国際機関 日本アセアンセンター
(東南アジア諸国連合貿易投資観光促進センター)
〒105-0004東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル 1階
開館時間: 午前9時30分~午後5時30分(土・日・祝日を除く)

 

 

 

関連トピックス