• なんプロとは?
  • 世界が見えるトピックス
  • 著名人一覧
  • アクションから選ぶ
  • アジア
  • 大洋州
  • アフリカ
  • 中米・カリブ
  • 南米
  • 中東・ヨーロッパ
  • メルマガ登録

スポーツが世界を平和にする?!国際協力で増える「スポーツ推進活動」

スポーツが世界を平和にする?!国際協力で増える「スポーツ推進活動」

日本のオリンピック開催まで、あとわずか4年となりました!
2020年の東京開催はとても楽しみですよね。オリンピックという4年に一度の世界の一大イベント。選手たちが自信と誇りを持って目標に向かって挑戦する姿は、国、地域、性別を越えて私たちに感動を与えてくれます。そう、スポーツの魅力は世界共通!

 

 

“人間力が育つ”スポーツが注目されるワケ

©野町和嘉/ブータン

スポーツは、「勝利」「優勝」「金メダル」などの目標に向かって、自分だけではなくチームで努力することの大切さを学ぶことができます。そして、監督、コーチ、チームメイトなどいろいろな人を巻き込んでいかなければならないため、コミュニケーション能力も養われます。もちろん、ルールを守ることや相手に対しての礼儀も重要。実は、スポーツを通じて学べることというのは、社会で生きていくためにも役に立つことばかりなのです。スポーツは、たくさんのことを教えてくれる、「人間力を育てる場」とも言えるでしょう。
チームみんなで楽しく続けることができて、身体も鍛えられる。しかも人間力も育つとあって、国際協力の世界でもスポーツが有効だと注目されつつあるのです。

 

 

 

2000年から増え続ける「スポーツ推進活動」

©飯塚明夫/ニジェール

スポーツを通じて人を育てることで、国づくりに活かすという国際的な動きが、ここ15年のうちに増えています。きっかけとなったのは2000年の国連決議。その会議で「教育、健康、開発、平和を創造する手段としてのスポーツ」が採用されたのです。また、「開発と平和のためのスポーツ」というレポートも国連から発表されました。また、国連には“事務総長付き”というポジションで「スポーツ特任大使」が配置されて、紛争が起こっている地域や貧しい地域、難民キャンプなどでスポーツ活動を推進しています。日本以外にもカナダやノルウェー、オーストラリアなどの国々も「スポーツを通じた開発」に積極的に取り組んでいるのです。

 

 

 

■平和の走り「コムラッズマラソン」

コムラッズ(Comrades)とは、「同胞、戦友」という意味。
南アフリカで毎年開催されるコムラッズマラソン(Comrades Marathon)は、行程89km、高低差約870m、制限時間12時間で走り抜ける過酷なレースです。
第一次世界大戦の復員軍人ビック・クラッパムが、戦争で亡くなった友人を弔うためにこのレースを創設しました。このレースは、今や、世界でも指折りの過酷なレースとして知られ、またランナー憧れのレースとして知られるようになりました。
http://www.comrades.com/

 

 

 

関連トピックス