• なんプロとは?
  • 世界が見えるトピックス
  • 著名人一覧
  • アクションから選ぶ
  • アジア
  • 大洋州
  • アフリカ
  • 中米・カリブ
  • 南米
  • 中東・ヨーロッパ
  • メルマガ登録

神秘の湖-イシククリからの贈り物

神秘の湖-イシククリからの贈り物

美しき自然に囲まれたイシククリ州

4000m級の山々を望むイシククリ州は、源蔵三蔵も歩いたシルクロード沿いにあり、見渡す限り美しい自然に囲まれています。その東部に位置し、世界第2位の透明度を誇るイシククリ湖。「中央アジアの真珠」と呼ばれる蒼き湖の周辺では、広大に広がる草原の下で人々が羊や牛等の家畜とともに生活を営んでいます。

 

 

 

 

一村一品運動を通じてコミュニティを再結束

キルギスでは、ソ連崩壊後の経済体制の変革に伴い、社会経済活動の基本となるコミュニティが崩壊し、特にイシククリ州を含む地方部では、共同で生産や流通などの経済活動を行う機能が著しく低下していました。

 

このような状況の中、イシククリ州のコミュニティの再活性化のために、JICAの支援の下で導入されたのが一村一品運動*です。同運動では、地元で採れる果実、ベリー類、蜂蜜、羊毛など山岳国ならではの地域素材や、イシククリ州で伝統的に行われていた技術に注目しました。これらの素材や技術を活用して、グループ単位で商品生産・販売を行うことで、地域経済の活性化に取り組んでいます。

 

*1979年に当時の平松守彦大分県知事が提唱した運動。それぞれの地域の特産物を生かして国内外に通用する商品を作り上げることで、住民による地域活性化を目指す。

 

 

世界に届け!イシククリ商品

一村一品運動を通じて生産されている商品は、食品、手工芸品、革製品など多岐に渡りますが、その中でも注目の商品はフェルトとジャムです。

 

フェルトは、大自然の中で育った羊の毛を丁寧に刈りとって洗浄し、くるみ、茜、玉ねぎなどの地元の素材で草木染めを施した上で、手作りでポーチ、スマートフォンケース、バッグなどに加工しており、モダンなデザインを取り入れることで付加価値を高め、現在では日本やヨーロッパ諸国にも輸出されています。

 

また、ジャムについてはラズベリー、アンズ、クルミ、松ぼっくり、たんぽぽなど、多種多様な商品が生産・販売され、キルギス人のみならず、多くの外国人観光客にも大好評です。特に最近ではオメガ3・7が豊富に含まれ「スーパーフード」としても注目されているがシーバクソンを使用したジャムが一番人気です。同ジャムは昨年11月にカザフフスタンで開催されたワールド・フードエキスポにおいて金賞を受賞しました。国際的な展示会で、商品の品質が認められたことで生産者一同にとっても自信になりました。

 

現在では、イシククリ湖周辺に住む1500名もの住民が一村一品運動に参加していますが、この取り組みを通じて住民の収入向上につながるのみならず、商品が届く先の世界とつながることによって自信と誇りが芽生えるなど、女性の社会的地位の向上にも貢献しています。

 

 

イシククリ州の一村一品運動で生産されたフェルト商品が、期間限定で東京にてご覧いただけます!

【神秘の湖イシククリ-フェルトの国の人々からの贈り物】
●主催:JICA、東京藝術大学
●会場:「ギャラリーモーツァルト」 東京都中央区京橋1-6-14 YKビル 1階
http://g-mozart.jp/

●開催期間:2016年2月15日(月)~20日(土)
●開催時間:11:00~19:00(最終日は17:00まで)
●展示・販売商品:バック、マフラー、スマートフォンケースなど

 

国連WFP日本大使の知花くららさん(モデル)も、この取り組みを取材されました。
http://nantokashinakya.jp/member_reports/33_chibana_kyrgyz.php

 

 

 

関連トピックス