• なんプロとは?
  • 世界が見えるトピックス
  • なんプロサポーターの活動
  • 学生レポーター発信中!
  • アクションから選ぶ
  • メンバー団体情報
  • メルマガ登録

「走る」ことを通じて人を元気に~銀メダリスト有森裕子さんの活動

「走る」ことを通じて人を元気に~銀メダリスト有森裕子さんの活動

王貞治さん、北澤豪さん、伊達公子さん、高橋尚子さんなど、なんとかしなきゃ!プロジェクト著名人メンバーには、スポーツを通して国際貢献をされている方々が多数いらっしゃいます。今回は、バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンで、銀メダル、銅メダルを獲得した有森裕子さんのメッセージとその活動をご紹介します。

 

 

自分と、そして途上国の人も元気に

有森裕子さんのメッセージ:

「私は、『走る』ことを通して国際協力に関わるさまざまな活動をしています。これまで多くの国々を訪問しましたが、活動を通じて、元気になる人たちを見ることができました。彼らの中には、自分たちの力だけでは自立できない人たちがいます。私たち一人ひとりが、思いとアイディアを持って、多くの可能性を見出して、皆で力を合わせることが大切です。

 

国際協力に関心を持っていないという方がまだ多くいますが、『知らないこと』が問題なのではなく、知ってから『何ができるか』を考えないことが問題です。このプロジェクトを通して、一つでも、新しい『なんとかしなきゃ!』というものを知った方、自分なりのアイディアを持って、ぜひ一緒に始めてみませんか。自分も元気になります。そして途上国の人たちも元気になります」

 

 

「走る」ことを通じて協力活動を展開

有森裕子さんが代表を務める、特定非営利法人ハートオブゴールドは、主にカンボジアを活動拠点とし、アンコールワット国際ハーフマラソンの運営協力を行っています。また、カンボジア人の手によって国づくりができるよう、人材育成の分野にも力を注いでいます。現在、有森さんは公益財団法人スペシャルオリンピックス日本の理事長も務めています。こちらは知的障害のある人たちへのスポーツトレーニングとその競技会を開催している国際的なスポーツ組織。世界各地で様々なスポーツのイベント活動や競技会を行っています。
有森さんは、これらの組織に携わりながら、「走る」ことを通して国際協力活動を展開されているのです。

 

有森裕子さん動画メッセージ
https://www.youtube.com/watch?v=rm9-bu_IZws

 

特定非営利法人 ハートオブゴールド
http://www.hofg.org/

 

公益財団法人スペシャルオリンピックス日本
http://www.son.or.jp/

 

 

 

関連トピックス