• なんプロとは?
  • 世界が見えるトピックス
  • 著名人一覧
  • アクションから選ぶ
  • アジア
  • 大洋州
  • アフリカ
  • 中米・カリブ
  • 南米
  • 中東・ヨーロッパ
  • メルマガ登録

海外の国で日本人が一番住みたい国は?その国の魅力って?

海外の国で日本人が一番住みたい国は?その国の魅力って?

日本人の海外移住、人気ナンバーワンの国は…?

海外移住、憧れませんか?
食事はバリエーション豊かで美味しいし、平和で清潔な日本だけれど、生活費や家賃が高かったり、満員電車や交通渋滞が日常だったり、マイナス面もたくさんあります。また、2011年に起こった東日本大震災の影響で、地震や原子力発電所から距離を置くために海外移住を検討している人も増えています。
では、海外移住ではどこの国が人気なのでしょうか。海が美しく経済も発展していて衣食住に困ることのないハワイ?それとも自然が豊かで賃金も高いオーストラリア?食事が美味しくて経済成長著しい“微笑みの国”タイ?あなたはどんな国に住んでみたいですか?
――実は、ここ何年も、日本人が住みたいと思う国のナンバーワンは、ハワイでもオーストラリアでもなく、マレーシアなのです。さて、マレーシアとはどんな国で、なぜ移住する国として人気なのでしょうか。今回は、マレーシアの魅力についてご紹介します!

http://www.longstay.or.jp/newslist/open/entry-1654.html

 

 

物価が安く、プール付きのアパートに住むことも可能!

マレーシアは、東南アジアに位置しており、マレー半島の南側とボルネオ島の北側を領域とする国です。ひとつのまとまった島ではなく、半島の一部と島の一部の二つの領域にまたがる国土が特徴です。リゾートで有名なペナン島やランカウイ島もマレーシア。もともとイギリスの植民地として、農業や鉱物の生産を主要産業として行っていた国ですが、2020年に先進国入りするという目標を掲げて工業化を推進したことで経済的に発展を遂げ、アジアのなかではGDPの高い国となっています。また、日本への好感度もとても高く、アメリカの世論調査機関が調査した結果、マレーシア人回答者のうち75%が日本を「好き」「とても好き」と回答。中国の74%、アメリカの51%を超える好感度であることがわかりました。
http://www.pewglobal.org/2014/07/14/chapter-4-how-asians-view-each-other/

 

また、マレーシアの物価は日本の約1/3。首都クアラルンプールの一等地であればそれなりに家賃も高くなりますが、基本的に日本よりも広くて安い住居に住むことが可能です。常夏の国なので、なかにはプールがついている住宅も…!毎日リフレッシュしながら過ごすことができそうですよね。さらにマレー系、中華系、インド系など様々な民族と宗教が共存する多民族国家なので、外国人を受け入れやすい土壌があることもマレーシアの特徴。
このように、南国の温暖な気候、成長中の経済、日本より安い物価、そして親日国家、外国人を受け入れやすい風土など、移住を考えたときにたくさんの魅力を持つマレーシア。人気ナンバーワンの理由が分かりますね。

 

 

日本とマレーシアの教育の懸け橋・MJIIT

1980年代以降のマレーシアは、それまでの農業や鉱業に頼った産業から、工業をメインの産業として位置付けて経済の発展を目指してきました。日本では、このマレーシアの取り組みを支援するために、マレーシアの政府とともに「マレーシア日本国際工科院(MJIIT)」という教育機関を設立しました。MJIITは、マレーシアの学生に対して最先端の技術を教えることで、ものづくり技術の発展に貢献したのです。
2011年より学生の受け入れを始めたMJIITは、約500名の学部生と約350名の大学院生を抱える教育機関として、現在も日本人教員などの指導のもと教育を続けています。MJIITを卒業した人材は、高い専門知識を武器にマレーシアに進出する日系企業などで活躍することが期待されています。

 

このように、日本は長年にわたりマレーシアの経済成長の支援を行ってきました。また、マレーシアに進出する日系企業も増加しています。親日国で、アジアのなかでも豊かで住み心地の良い国・マレーシア。移住を検討したくなる気持ち、わかるような気がしませんか?

 

 

 

関連トピックス