• なんプロとは?
  • 世界が見えるトピックス
  • なんプロサポーターの活動
  • 学生レポーター発信中!
  • アクションから選ぶ
  • メンバー団体情報
  • メルマガ登録

「特別連載 来て見てわかる!アフリカ:タンザニア編 第3回」

「特別連載 来て見てわかる!アフリカ:タンザニア編 第3回」

2016年は第6回アフリカ開発会議(TICADⅥ)が開催される年。世界が見えるトピックス(セカトピ)では、国際協力機構(JICA)が派遣する「青年海外協力隊」が、住んでいるからこそわかる、アフリカの生の情報をお届けしていきます。

 

 

【アジア人=なに人?】 【タンザニアの人気スポーツ】

寄稿者: 青年海外協力隊 平川将康 (職種:柔道)

最終回の今回はスポーツを教えている関係上、【アジア人=なに人?】 【タンザニアの人気スポーツ】をお送りしたいと思います。

 

 

【アジア人=なに人?】

中国のバイク+中国語のシャツ

タンザニアでは『アジア人=中国人』であり、街中で歩いているとすぐに『チナ、チナ』(チャイナ・チャイナの意)や『ニーハオ、ニーハオ』、『ヒーハー(カンフーの真似事)』と声をかけられます。これがいささか不愉快でしかたがないです。
 

私は1年以上こちらで生活していますが、こればっかりは慣れません。彼らには悪気がなく、コミュニケーションをとろうと試みているだけらしいのですが、、、、やはり慣れません。

 

タンザニア人は、『アジア人=中国人』としてとらえているようです。確かに、中国製のバイクや中国の援助で建った建物、中国の建設会社等々、中国のものはたくさん存在しています。特にバイクは90%以上が中国ブランドであり、日本でニュースなどで取り上げられる『中国の世界進出』が、タンザニアではリアルに感じられます。
そこは『日本も、もっともっと海外で存在感をアピールしなければ!』と思います!

 

 

【タンザニアでのスポーツ】

タンザニアでは【サッカー】が非常に人気のあるスポーツです。タンザニアの中にもプロリーグなるものがあります。街中の広場を見れば、大人や子供たちみんながサッカーをしている風景がそこら中で見られ、タンザニア人の多くはサッカーに夢中です。

 

しかし、意外にも『空手』や『柔道』を知っているという人も多いです。実際のところは、空手、柔道、カンフー、少林寺、全部ごちゃ混ぜにしているにも関わらず、『空手』や『柔道』を知っていると言っているのですが、、、

 

私はタンザニアで柔道を教えています。サッカーのようにとは言いませんが、今後も、日本の代表として日本の武道である『柔道』をタンザニアで広め、少しでも競技人口を増やし、タンザニアで【日本】をアピールしていきたいなと思い活動しています!

 

 

これで私のタンザニアからのレポートはおしまいです。お付き合いいただきありがとうございました。 (次回はモザンビークです。お楽しみに!)

 

 

 

関連トピックス